--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-20

房総半島を行くー大山千枚田

 房総半島は その温暖な気候や手付かずの自然があちこちに残っていることから 首都圏から手軽に行ける日帰り及び1泊旅行先として 人気のようですが 関西出身の私にとっては 全く未知の世界です(首都圏と言うと どうしても大都会を思い浮かべてしまいますものね)この房総半島に 日本の棚田100選にも選ばれた 素敵な所があるると聞いて 早速行ってみました それがこの ”大山千枚田”です
  PICT8399_convert_20090420071656.jpg
 ここでは375枚の田んぼが 段々状に連なり 目の覚める様な それはそれは美しい風景を形作っています 田んぼはまた 季節によっても違った景色 色彩をみせることでしょう いつの世も自然は美しいです
                     
 PICT8397_convert_20090420073103.jpg
 棚田は又 見る角度からもその姿を微妙に変え 本当に飽きることがありません この景観が多くの人を惹き付けるのですが 実際は機械を使用するのもその地形上大変難しく また日本農業全体に共通する問題ですが ここでも田んぼの担い手の高齢化及び後継者不足が進んでいます そのため市では 少しでもこの美しい日本の原風景を守ろうと 棚田オーナー制度を導入しています

PICT8443_convert_20090420073654.jpg

PICT8403_convert_20090420073254.jpg

  あぜ道に咲いていた アザミの花 アザミの花は ちょうど日本の桜のように スコットランドのシンボル的な花でもあります 半分スコットランド人の血が流れている夫は その血が騒ぐのか(?)目ざとく発見し パチリ
PICT8388_convert_20090420072932.jpg

 その後訪れた 大山不動尊 このお寺の入り口にある木彫りからインスピレーションを得て 葛飾北斎は あの有名な大波の間を小さな船が行く 富嶽三十六景の1枚 ”神奈川沖浪裏”を描いたのだそうだよ と道行くサイクリストが教えて下さいました 
        PICT8463_convert_20090420191815.jpg
       PICT8468_convert_20090420080837.jpg
            上の木彫りの波が この絵のモデルに。。。。 
     800px-The_Great_Wave_off_Kanagawa_convert_20090420192145.jpg
 
 その後 駅まで戻るバスは数時間後にしか来ないため ぶらぶらと長狭街道を歩きました
時には脇道に入り こんな物も発見
      PICT8515_convert_20090420081100.jpg

 この辺りでは 八重桜が沢山咲いていました ぼんぼりの様で とてもきれいです
      PICT8525_convert_20090420081145.jpg
 
 さすがに歩き疲れて 道端の看板に吸い寄せられるように こんな高い天井の落ち着いたカフェへ 
        PICT8536_convert_20090420081417.jpg
 抹茶シフォンケーキを注文すると オーナー自ら製作したお皿によそって下さいました ここで使われているマグやお皿は総てオーナーの手作りとか
        PICT8537_convert_20090420081502.jpg

 今回はJRで房総半島まで行きましたが 横須賀先の久里浜からフェリーで半島に渡るルートも これからの季節 気持ち良さそうですね
      PICT8500_convert_20090420081011.jpg

              とても充実した一日でした!
           PICT8423_convert_20090420073440_convert_20090420221132.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

偶然ですね!

kazueさんも千葉へお出かけになってたんですね。

私もすっかり海の景色とローカル線のとりこになってしまい、房総の方にも行ってみたいなぁと思っています。まさに久里浜からフェリーに乗って。すぐには実現しなさそうなんですけど。

房総も見どころが多くて迷っていたところなんです。大山千枚田や大山不動尊などなど、参考にさせていただきます!ほのぼのとした写真、見ているだけで和みますねぇ。。。春らしい穏やかな空気が伝わってきます。
私はアザミというと、食べる方も想像しちゃいますけど(笑)。

Re: 偶然ですね!

めるしー様>本当に偶然です!私もめるしー様の記事を見て あっと思いました いやー 奇遇ですねー
 もし大山千枚田に行かれる時は 最寄の安房鴨川駅からのバスは 凄く本数が少ないので バス停で帰りの時刻を確認した方が 時間のロスが無くていいかもしれません もしくは東京湾フェリーで海を渡って そこから同じ路線のバスにも乗れますが そちらはさらに本数が少ないです 車の方が便利なのかなあ(私達は車が無いので 公共機関に頼らざるを得ないのですが)でも 地元の人とのふれあいも楽しく バスの運転手さんたちはとっても親切で 気さくでした
 田んぼの傍にはきれいな休憩所があって そこから棚田のパノラマ風景が楽しめます 10月24-26日には 夜 田んぼの周りに沢山の松明も灯されるし 秋には新米フェアもやるそうですよ いつかぜひ訪れてみてくださいね
 
 あ 話は変わりますが ”あざみ”って食べられるのですか?初めて聞きました どうやって料理するのでしょう??
 

なるほど~

秋もかなり良さそうですね!>大山千枚田
ここで獲れた新米はさぞかし美味しいでしょうね~~
情報ありがとうございます。
kazueさんの撮った里山の春の風景もすごく素敵だけど(^^)v

私も散策はほとんど公共機関を使って移動しています。
この間は三浦半島を巡るのに京急の路線バスを使ったのですが、めちゃくちゃ良かったんで、またバスに乗るために行きたい位ですよ!
いいですよね、運転手さんや乗り合わせたお客さんと会話したりも。

あざみは何種類かあるんですが、この紫色の花が咲くあざみも食べれたと記憶しています。
我が家ではあざみを獲って食べることはしませんでしたが、ご近所さんからいただきました。春先の新芽とやわらかい茎を収穫するようです。
山菜独特の風味とシャキシャキした食感が味わえます。
長野ではお焼きの具としてもポピュラーなので、ネットでお取り寄せして食べられますよ。

Re: 

めるしー様> 三浦半島行かれたのですね 私も以前城ヶ島などに行ったとき 京急バス利用しましたが 景色も良くて楽しかった あのちょっと鄙びた感じが良いですねぇー
 めるしー様も旅行好きな方と見ましたが 目的地などはどうやって選択されているのでしょう?私はこの週末に群馬の山奥に行ってきましたが ここを選んだ理由は お宿でした またぼちぼち書きますので どうぞ見てくださいね
 
 あざみも 山菜のように料理できるのかー 初めて知りました でも考えて見れば自然にあるもの 毒さえなければ 新鮮な若芽はみな食べられそうですね(食いしん坊の発想?!) 長野県では結構ポピュラーなようですねえ 色々教えてくださって 有難う!!
 

いいですよね

三浦半島を京急バスで巡るのも。本数が少ないのが難点ですが・・・(^^;

私は旅行が苦手なんですよ(笑)。虚弱体質というか、旅先で疲れちゃうことが多くて、、、
でも最近は近場にちょくちょく出掛けているような?どういう心境の変化かは分かりませんが。

旅行は周囲の情報だったり、他の方のブログも読んでますよ!あと「ココタビ」というHPが好きで読んでますね。それくらいです。
もちろん、kazueさんの群馬旅行の記事も楽しみにしてます♪

Re: いいですよね

めるしー様>旅は苦手なのですか?ちょっとびっくりしました でも旅先で疲れてしまう人 私の知り合いにもいますので わかる気もします 
 少しずつ無理をせず 今までとは違ったところに足を運ぶのも 楽しいですよね 違った食材に巡りあえるのもまた旅の楽しみです。。。 
 「ココタビ」私も見てみます 教えてくれて有難う!
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。