--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-03

蔵王旅行記① 白石蔵王編 後半

 さて「人形の蔵」まず建物の中に一歩足を踏み入れた途端 ”あっ”と思わず感嘆の声が。。。。なぜって 蔵の中には所狭しとこんなに懐かしい物が一杯!
       PICT5462_convert_20090303215053.jpg
ではコレクションの一部をご覧あれ

       PICT5417_convert_20090226085620.jpg
          若かりし頃の高峰秀子がにっこりお出迎え
               
       PICT5418_convert_20090226085711.jpg

       PICT5421_convert_20090226085807.jpg

       PICT5422_convert_20090226085920.jpg

       PICT5425_convert_20090226090016.jpg
           懐かしのヒットパレード   
PICT5426_convert_20090226090050.jpg
           木馬はガンダムと一騎打ち
        PICT5445_convert_20090226090215.jpg
          ”シュワッチ”という掛け声も聞こえてきそう(?)
        PICT5449_convert_20090226090307.jpg
         何故かこんなものまで。。
           PICT5451_convert_20090226090352.jpg
 
 これらのコレクションは持ち主の方が30年余りかけて集めたそうです 収集する品のコンセプトは”駄菓子屋で売られていたような 誰にとっても懐かしいと思える物”だそうですが その趣旨は十二分に伝わってきましたよ
 
 二階は一転して戦争品の展示コーナー 所謂千人針の手ぬぐいや戦時中の教科書などなど ”戦争は永久にお蔵入りにしたい”という願いを込めて この展示を企画されたそうです
          PICT5455_convert_20090226091733.jpg

別館(別蔵?)では 季節の展示として お雛様がこちらも所狭しと並べられていました
          PICT5465_convert_20090303215203.jpg
    
          PICT5474_convert_20090303215408.jpg

          PICT5479_convert_20090303215603.jpg
 
 気が付くと次第に日が傾き始め それと共に寒さは厳しくなる一方 この日は強風のため 何とJR東北本線の白石から一関の間で 一時列車の運転が見合わされていました

 さて 今夜のお宿 青根温泉の「不忘閣」に向かいます このお宿は元々伊達藩の保養地だったそうで お宿の名前の由来は 約470年前ここに滞在した伊達政宗が このお宿に大変感銘し そのことを忘れないように。。。との思いから 「不忘閣」と命名したといわれています
           PICT5512_convert_20090303220523.jpg
 こちらは私達が泊まった部屋からの景色 向こうに見える別棟は歴代の伊達家が滞在した建物(一度火事で焼け その後復元したそうですが。。。)です

        このお宿のお風呂がまた素敵だったのですが それは次回に続きます
           PICT5535_convert_20090303220702.jpg
                            
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

すっごく素敵なところですね。
「人形の蔵」もお宿も。
なつかしのお人形がいっぱい。仮面ライダーなんてなつかしいです。弟が大好きでした。私としてはヒットパレードのレコードもそそられます~。
伊達藩ゆかりの「不忘閣」というのも素敵ですね。歴史を感じさせてくれそうです。
そうそう、夫のお勧めのお城はやはり姫路城だそうです。国内で木造で残っているのは姫路城と松本城と犬山城だそうで、姫路の次は松本とのこと。ご参考までに。。。

No title

June様>有難うございます やはり姫路城ですか 白鷺城とは本当によく言ったもので 優美な姿ですよね 町並みもお城より高い建物が無く 道路幅も広くて ゆったりしていていいなと思いました 松本城が次点なんですね 今度ぜひ訪れてみたいです! 

No title

お久しぶりです。
ご旅行楽しまれたようで、私も心が束の間日本へ飛びました。

この「人形の蔵」はすごいですね。
お宝ばかりじゃないですか!
こういうところに行くと、ごちゃごちゃと重ねられているおもちゃらしきものたちの、奥の奥までひっかきまわしたい衝動に駆られますが、たいてい夫が退屈しだすので、いざ行くとなったら夫を散歩に出させて一人でだなあ。
お人形がラブリーです。
ピンクのスーツが、ジャッキーのシャネルスーツに見えてきます♪

No title

ayako様>ご無沙汰してます その後お変わりありませんか?英国も少しずつ暖かくなってきてますか?
 この「人形の蔵」は本当に見ごたえがあって コレクターには涎ものだと思うのですが 館長さん曰く「観光客はお城だけみて帰ってしまうので あまりお客は来ませんよ。。」勿体無い話ですねえ ピンクのスーツのお人形 本当にジャクリーン ケネディみたいですね きっとその年代に製造されたものなのでしょう 色々なものを宝の山から見つけ出すのが楽しくて 私たちはかなりの時間をここで割きました 面白かったです!
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。