--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-02

蔵王旅行記① 白石蔵王編 前半

 先日蔵王へ 樹氷を見に行ってきました 「ものすごーく寒いよ!」と脅かされていたので 持てる限りの防寒服を鞄に詰め込み いざ出発 
 ただ スキーと樹氷のメッカ 山形蔵王は 土曜日は既にお宿はどこも一杯だったようなので 一日目は宮城側の 白石蔵王に行ってみました 
 新幹線白石蔵王駅から 在来線白石駅までは歩いても15分ほど 主な見所は白石駅周辺に集まっていて 観光も手軽にできました 私達はこの町に関して何の予備知識も無く JR東日本の吉永小百合さんのポスターがこの町で撮影されたというのが 唯一の白石に関する情報でした 小さい町だろうと思いきや 中々どうして 静かだけど趣のある町でしたよ
         PICT5370_convert_20090226083312.jpg
 
まず向かったのは 白石城 お城は近年復元されたものですが 国産のヒバやヒノキを使って当時の姿を忠実に再現したもの 木造建築の再建物は全国でも珍しいそうで さすがにどっしりとした重みがありました 白石市の新しいシンボルとして期待されています
  
          PICT5376_convert_20090226083521.jpg
            こちらは お隣の神社 幾年月を経ているのでしょうね

          PICT5395_convert_20090226083759.jpg
 こちらは約270年前に建てられた 伊達家の忠臣 小関家のお屋敷 吉永小百合さんがポスター撮影されたのは 恐らくここですね(JR東日本圏の方しか分からなくて すみません)後で 私も小百合さんと同じ場所に立って パチリ(ミーハーです!)
          PICT5402_convert_20090226084033.jpg
           氷柱なんて 幼少の頃以来 ウン十年振りに見ましたー

 さて 白石で巡り合ったのは 古い建築物だけではありません 全国区的な観光地ではないことが逆に幸いして(白石市の方々スミマセン) 食べ物の値段がお手頃で 量も多く食べ応えあり 
          PICT5367_convert_20090226084225.jpg
 こちらは夫が朝ごはん代わりに お城の目の前の喫茶店で食べた チーズ&ベーコン トースト 勿論コーヒーも本格的な自家焙煎

          PICT5412_convert_20090226085429.jpg
 そしてこちらはお昼ご飯 白石名物 ”温麵(うーめん)”です 温麵はちょうど冷麦位の太さの麵で にゅうめんやラーメン感覚でお料理されているようですね これは夫が注文したピリッと味噌タレの利いた温麵
          PICT5413_convert_20090226085514.jpg
 私はあんかけ風の温麵セットを頂きました この写真では分かりにくいのですが 量が又半端でなく 横浜辺りで食べる麵物の倍はあろうかという物で かなりの大食漢の夫も私も食べ終わった頃にはお腹がはちきれそうでした これで950円とはー   

 こちらは80年ほど前 味噌の商いをしていた豪商の自宅を保存し一般公開 展示場にも使用されていて 私達が訪れたときは白石に17年近く住んでいるというポルトガル人の方が 手作りの陶器を展示販売されていました 彼は夫を見た瞬間流暢な英語で話し出し 恐らく久しぶりに会うヨーロッパ人に懐かしさをかき立てられたのか いつまでも名残惜しそうでした 彼を見ているうち 明治の昔来日 四国に渡りそこに骨をうずめたポルトガル人作家 モラエスを思い出してしまいました         
         PICT5360_convert_20090226084427.jpg
      
                  
       PICT5387_convert_20090226083659.jpg
 
 その後 「人形の蔵」を訪ね ここが思いがけず興味深いところだったのですが それは又次回に続きます 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

和恵さんは、写真を撮るのがお上手ですね。どの写真もすごく雰囲気が出ていると思いました。白石城ですが、お城オタクの夫に聞いてみると、最初知らないな~といっていましたが、ウィキペディアで調べて「何だ、益岡城か」と言っていましたが、あまり知らなくてくやしそうでした。
ウーメンというのは、はじめて聞きました。おいしそうですね!

No title

June様>写真のこと褒めてくださって 有難うございます でも 正直に申し上げますと 実は写真は夫が撮ったものも混ざってます(詐欺?ごめんなさーい)私は写真をすぐとり忘れる癖があるので。。。June様が上手いなーと思われた写真は 夫が撮ったものかも知れません 
 ご主人はお城がお好きなのですか?ご主人の一押しのお城ってどこでしょう?お正月に久しぶりに姫路城に行き やはり立派だなあと思いましたが。。。 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。