--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-15

プディングが一杯!

 今週末は2月としては観測史上最高気温を記録したそうで 土曜日は横浜も25度近くまで気温が上がりました 日曜日もまだまだ暖かかったので 逗子から三ヶ岡緑地を経て 葉山の海岸沿いを歩いてみました 途中 県立近代美術館葉山館にも寄り 海岸では沢山の貝やひとでを見つけるなど 中々充実したコース
 しかし 今日のメーンテーマはウォーキングではありません 実は逗子駅よりウォーキング出発地点に行くバスの中から見つけたプリンのお店 2人ともちょっと気になったので 帰りがけに寄ってみましたら。。。あら すごい行列 でもそれはお持ち帰りの人の作った行列だったので 運よく直ぐにテーブルを見つけて 注文
 私達が選んだプリンセットは18種類のプリンから好きなものを選べ 飲み物(紅茶、コーヒー、ハーブティーより選択)とセットというもの とても迷った末 私はウイスキープリン 夫は何とブレッドプティング(正確には ブレンドプリンとメニューにはありましたが)を注文
 イギリスの伝統的なデザートの1つにブレッド アンド バタープティングと呼ばれるものがあるのですが それは本当に余ったパンを使って パンのスライスやバターなどを積み重ね オーブンで焼くシンプルなもの フランスにも似たようなお菓子があった気がしますが さて 日本の”ブレッド アンド バタープティング”は 一体どんな風?   
        PICT5300_convert_20090216062011.jpg
 これがその”ブレッド プティング”!運ばれてきた瞬間 わが目を疑ったのですが 本当にプリンの中にパンの切れが埋め込まれています!可笑しくってちょっと笑ってしまいましたが なめらかなプリンで お味は大変よかったですよ
         PICT5297_convert_20090216062117.jpg
 こちらはウイスキープリン ウイスキーの味がきゅっと利いていて とっても美味!!プリンも大きく食べ応えありました!
 このお店 名前が一風変わっていて”Marlowe” お店のロゴも帽子をかぶった男の人なので この名前がアメリカのハードボイルド小説の主人公 フイリップ マーロウから来ているのは間違い無いでしょう しかしプリンみたいに柔らかく 甘ーいお菓子のお店が 腕っぷしの強い探偵の名でよばれているとは?と思いきや 元々このお店 レストランだったんですね そこのデザートとして出していたプリンが評判がよく 遂にプリンのみの販売も始めたという訳。全然知りませんでしたが 偶然美味しいお店に会えてよかったです
 
 その後 このプリンに触発されてか? 夫がライスプディングを作りました これもまた イギリスの伝統的なお菓子の1つなのですが 様は水につけてふやかしたお米と コンデンスミルクもしくはエバミルク シナモンなどを混ぜ合わせ オーブンで低温にてじっくり焼いたもの
         PICT5304_convert_20090216062210.jpg
 出来上がりはこちら 甘みが少し足りなく 牛乳も足りなかったので ちょっと硬くなってしまいましたが 美味しかったです でも夫はこの出来に満足せず リベンジを誓ってました
 お米を使って作るプディングはスペインやポルトガル(そして恐らくイタリアにも)あります 
 
 こちらは別の日に夫が作ったパイ 今回はミートソースを作って パイに包んでみたそうで  ”イタリアン パイ”だ!
         PICT5281_convert_20090216062300.jpg 

 中を切ると こんな具合
          PICT5282_convert_20090216062356.jpg
 
 我が家は週末の料理担当は夫のため いつもこんな豪快な料理を紹介していますが 平日は不肖の私が料理担当なもので 倹しく粗食であります。。。。 

        
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは!お料理上手のご主人なんて素敵! 私、イギリスの本場のプディングって食べたことないのです。日本のプリンとは違っているとは聞いたことがありますが。お菓子というより、どちらかというとお料理なのですか? 一度食べてみたいです~。
それと、逗子のプリンやさん、「Marowe」というのですか?とってもおいしそう~。今度行ってみたいです!メモ帳に書いておきます!
お料理といえば、こちらのブログがすばらしいのですよ。ちょっと紹介しちゃお。ご主人がアメリカ人でアメリカ在住の方です~。
http://blog.livedoor.jp/chiblits/

それとですね。先日私の日記に書いたイギリス青年、見つかったのですよ。なんと日本に住んでいらした。しかも奥さん日本人! びっくりです~。 kazueさんにインスパイヤされて、久しぶりに思い出し、調べようと思ったのがきっかけなので、ご報告♪ ありがとうございました!

No title

June様>イギリスのお菓子は温かいまま食べるものが多いので 日本人から見ると お菓子より料理感覚に近いかもしれないですね でもあちらはパイにも何にでも すぐカスタードクリームなどをかけるので 日本人には結構重いかもしれません(ちなみにイギリスで”プディング”というと デザート全般を指すことが多いんです 余談ですが スイマセン)
 素敵なブログサイト 教えてくださって有難う ちょっと覗いてみたのですが面白そうなので 時間のあるときもう一度ゆっくり見させていただきますね
 それからそれから お友達と連絡取れたのですか??す すごいです!!日本に住んでいらっしゃるとは?!夫にお友達のお父様のことを話したら 知ってましたよ 有名な方のようですね 夫も昔お父様のの出ていた番組大好きだったとか いやー でも本当にひょんなことから 色色な事が始まって 人生って面白いですね 映画みたいだな
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。