--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-10

川越探訪

 澄み切った美しい青空となった週末 「小江戸」川越へ行って見ました

PICT5111_convert_20090209090211.jpg



川越は江戸時代以降 江戸へ向かう物資の集散地点として栄え 別名「江戸の台所」と呼ばれた町 今でも当時の繁栄ぶりを偲ばせる 重厚な蔵作りの町並みが残っていることで有名です そして最近はこの町のブルーワリー製造のビール「COEDO」が ヨーロッパの2大食品品評会で金賞を受賞するなど 高い評価を受けています 

 見所の殆どは駅から長ーい商店街を抜けたところに固まっているので 散策し易かったです でも道行くすがら 江戸時代の街並みのみならず こんなレトロモダンな建物もあちこちで見られました
                    PICT5001_convert_20090209083310.jpg
                    
                     PICT5077_convert_20090209085355.jpg
 近代モダン建築にお蕎麦屋さんというミスマッチが 中々。。。。

 さていよいよ蔵作りの町並みに到着 殆どの商家は今現在も立派にお店等として使われていて(ヤマト運輸の事務所もありました!)それが建築にさらに生命を吹き込んでいるようで とってもいいなと思います    
     PICT5008_convert_20090209085220.jpg
 
        PICT5012_convert_20090209084038.jpg

     PICT5099_convert_20090209085816.jpg

 巻頭の写真は 時の鐘 高さ約16メートル 奈良の大仏様とほぼ同じ高さとか。。。まだ時計が無かった時代から 1日4回鐘がつかれ 私達に変わらぬ時を告げています

 「川越まつり会館」に入ってみました ここでは10月に開かれる川越まつりのことが何でも分かります

          PICT5036_convert_20090209084335.jpg
 祭りに使われる山車が2台展示されていました とにかく背が高い!山車は元々天から神様が祭りの日に降臨するための目印として作られたものなので 高くして神様によく分かるようにする必要があるのですよ と 会館の方が説明してくださいました なるほど!

          PICT5032_convert_20090209084421.jpg
                  こんな感じで引っ張るわけね

          PICT5055_convert_20090209084630.jpg
 こちらは江戸時代の山車 今とは大分違いますね こういった祭りは全国各地にありますが 元は皆京都の祇園祭りを模して始められたのでしょう 東京では江戸幕府時代に 京都の祇園祭りに負けないものを。。。との幕府の命でお祭りが興されましたが その後の近代化で 町中に山車を通すことが不可能となってしまい 代わりに東京ではお神輿の登場となったので 川越まつりは昔の江戸祭りの面影を今に残す 貴重なお祭りだそうです
                
           PICT5063_convert_20090209084736.jpg
 こちらは変わって 通称「菓子横丁」にて 飴細工を作っていた方 私が子供の頃は辛うじて縁日などで飴細工を見かけることはできましたが 久しぶりに見て とても懐かしく 思わずしばらく見入ってしまいました 子供のリクエストに応じて 手前にあるようなアニメのキャラクターや動物などあっという間に作ってしまうので 見ていてちっとも飽きません

           PICT5076_convert_20090209084828.jpg
              
     さて 歩き疲れたので ここで一休み 感じのいいティールームを見つけましたよ! 
         PICT5084_convert_20090209085451.jpg
 ここは骨董屋さん兼ミニギャラリーでもあるらしく 沢山のアンティークと写真家の方の作品に囲まれ オレンジ風味のサツマイモケーキを頂きました 川越はサツマイモの産地でもあります

         PICT5092_convert_20090209085546.jpg
 私が選んだのは 菊花茶 といっても中国茶よりはハーブティーに近い味で 微か甘みもあり 手作りサツマイモケーキも自然な甘さで 疲れた体に心地よかったです

         PICT5097_convert_20090209085626.jpg
            こちらがティールームの外観 ご馳走様!

           PICT5104_convert_20090209090120.jpg
             女性の和服姿が 町にすっかりとけ込んでいますね

 その後は氷川神社を経て 喜多院へ ここには五百羅漢像がありました 1700年代に50年余りの歳月をかけて作られた 五百羅漢像 その一つ一つが表情 しぐさ共に違っていて きっとあなたの知っている顔を見つけることができるはず(?)
            PICT5119_convert_20090209090306.jpg
                
            PICT5129_convert_20090209090425.jpg

 あっという間にもう夕方 今日も楽しかったなあ

            PICT5137_convert_20090210072322.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

川越にもこんなすばらしいところがあるんですね。
古きよき日本の町並みとモダン建築のミスマッチも日本らしさですね。

No title

KIRARA様>今日は 又ようこそおいでくださいました KIRARA様ももし機会があったら ぜひ川越に行ってみてくださいね お祭りは10月の14,5日頃だそうで 今度はこのお祭りをぜひ見たいなあと思ってます

No title

お久しぶりです。川越、行かれたようですなぁ。。。私も再訪したくなってきましたッ!

No title

乙様>わー お久しぶりですね!お引越しも終えられて 一息つかれましたか?新しい部署でも ご活躍をお祈りしています
 川越 中々いいところでしたね 乙様も旅行や登山 色々行かれているようなので また今後の参考にさせてください あ 勿論お料理も!おうちで燻製まで作られるとは す すごいです! 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。