--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-07

デイジー図書 

 って ご存知ですか?デイジーとは 元々スエーデンで開発された 視覚障害者のためのオーディオ図書の作成 編集システムです 先日 このシステムを使って 図書作成に携わっているボランティア団体が 新規会員募集のための説明会及び講座を開くというので 参加してみました。
 初日は まずデイジー図書とは?という説明から入り 作成 編集方法や実際利用されている方の講演などで 2時間はあっという間に過ぎていきました。
 限られた時間内でしたが 私が掴んだデイジー図書のイメージとしては 今までの朗読テープに代わって 音声を一旦パソコンでデジタル化し それをCDに落とすというものです こうすれば 今までテープ何十本分もの情報がCD1枚にまとまってしまうし 音楽CDの様に 聴きたいところを直ぐ頭出しできるので 利用者には大変便利 勿論CDは テープよりもずっと長持ちしますしね
 製作者側の利点としては 編集が楽で 読み間違えた部分も その音声だけを切り取って(デジタル化されてますから)正しい音をはめてあげればOK テープのように いちいち間違った箇所に音を被せ 録音しなおさないといけない。。。ということも無いそうです パソコンさえあれば(勿論 システムはインストールしなくてはいけないでしょうが)いつでも編集作業が出来る というのもいいですね。
 ただ 利用者側の難点が一つ それはこのCDを聞くのに 専用の再生機が必要で しかもそれはかなりお高いもののようです。
 さて いよいよ10月後半から この団体によるデイジー図書作成の講座が始まるのですが 本日の説明会には 団体側の予想を遥かに上回る人数が集まり 講座を受講するための選別をしなくてはいけないとのこと。機材などに限りがあるから。。。という理由なのですが 折角 これだけ沢山の方が関心を寄せているのに 全員の方が会員になってお手伝いできないのは 少し残念な気もします どこかにポンっと気前良く 私財を投入してくださる方などはいらっしゃらないのでしょうかねえ そうすれば きっと団体の予算ももっと増え さらに幅広く活動が出来ると思うのですが。。。
 あと 日本でも市販の朗読テープや朗読CDなどが もっと公共の図書館などに置かれると ずっと利用し易くなって いいのになあと 思うのですが。。。。英国では 一般に 本屋さんや公共図書館には 市販の朗読テープ,CDは当たり前のように置かれていましたので (しかも 種類も豊富 人気作家のベストセラーなどは 大抵オーディオ化されていました)  視聴覚障害者の方のみならず お年寄りや私のように英語を勉強中の学生などにも 根強い人気がありました。(英国の公共図書館には 他に音楽CD、映画のビデオやDVDも置かれていましたよ)
 日本の一般図書館では視聴覚資料って 余り見かけませんよね?(中央図書館のように大きなところに行けば あるのでしょうが)なぜなのでしょう?

       PICT0538_convert_20081008084621.jpg
        本文と全く関係ない写真ですが 英国で私が住んでいた町にあったカフェです 
        高ーい 吹き抜けの天井が気持ちよく 良く通いました!    
  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。