--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-13

アイデアでお菓子が大変身!

    1366776679345_convert_20130504231805.jpg
長い間ブログの更新を怠っておりましたが 早その間に黄金週間も去り 町中は元の落ち着きを取り戻しつつありますね 取り戻せていないのは私だけか?でも、おかしいな?我が家には黄金週間は存在しなかったハズ 連休前半は夫も私もみっちりお仕事をさせて頂き 有り難いやら悲しいやら(?)後半も私は儚い飛び石連休。。。
いや どこへ行っても黒山の人だらけの連休時期に遠出をしてもね~、と自分に言い聞かせる日々でしたが 寄る年波か この数週間ぐったり疲れた体が中々回復せず どんな形で過ごすにせよ まとまったお休みも時には必要だなあと思う今日この頃です でも私の性分としては 連休があったらあったでさっさと遠出をしてしまうのですから(じっと家に居ることの出来ないタイプ)どちらにしろ 結局体は休まらないのかも。。。
と 自分の話しはここまでにして、疲れた時には甘いもの!上の写真、美味しそうでしょ!!
実はこのケーキ 職場のお友達が丹精込めて作ってくれたパウンドケーキなのです!!
ホームベーキングというだけで私にとっては 既に雲の上の存在なのですが(だって私には逆立ちしても出来ないから)彼女のアイデアがまたスゴイ! 
    1366776653626_convert_20130504231703.jpg


事の発端はイースター休暇に英国の両親を訪ねた夫が持ち帰ったクリスマスプディング 
クリスマスプディングとは英国の伝統的なクリスマスのお菓子で 小麦粉や玉子の他に牛脂、ブランデーにドライフルーツやクルミなどのナッツ類 ナツメグ、シナモンなどの香辛料が主な材料 製造法が少し変わっていて 一般的なパウンドケーキの様にオーブンで焼くのではなく ケーキのネタを日本でいう処のさらしの布に包んで蒸し上げて作るというもの
その後数ヶ月寝かせておくうちに 中のドライフルーツが醗酵してアルコール度が増し 
クリスマスを迎える頃にはかなり濃厚な味わいに。。。
寝かせば寝かすほど美味しくなる、と言う俗説もあって ”クリスマスが終れば翌年のクリスマスプディングを作り始める”とも言われるほど 遅くとも秋頃から作り始めるらしい。。。
そんなケーキですから長期保存も充分OK クリスマスはとっくに過ぎているけど 英国の味よ!とばかりに両親は夫にプディングを持たせた訳 しかしながらこのケーキ かなりヘビーなのですよね 牛脂も入っているし パウンドケーキがぎゅっと濃縮された感じとでもいいましょうか 一切れで結構お腹にずっしり溜まるのです その為イギリスでもこのプディングは好きではないという人 結構多いですね それでなくとも沢山のご馳走が並ぶクリスマスディナーの後 このケーキを食べると とどめのヘビーパンチでノックアウトされたも同然な気分にさせられるのです ホントに。。。この下の写真が元祖クリスマスプディングです
     
      2526_pic_file3_1353415924.jpg
(この写真はhttp://www.nikikitchen.com/reservation/class.php?class_id=2526

ところでこのケーキを作ってくださった方は日頃から食にとっても関心があり 英国を初めとする海外の珍しい食材にも大変興味を持っていらっしいます 特にクリスマスプディングの事は以前からご存知で 私にも目を輝かせながら熱心に質問されていました そんなに興味を持って下さっているのなら百聞は一見にしかず ぜひ一度実際に味わって頂きましょう!という事で この度ささやかながらクリスマスプディングをプレゼントさせて頂いた、そんな次第です とてもとても喜んでくれた彼女 半分召し上がった後 ナ ナント!残りのプディングに小麦粉や卵等を加えて こんな素敵なパウンドケーキを焼き上げてくれました

    1366776768743_convert_20130504231833.jpg
包みを開け 中のケーキを見つけた私は大興奮度!!早速お昼休みに試食会となりました ワクワクしながらケーキにざっくりナイフを入れ切り分けます 一切れ頬ばって。。。うわぁ~!美味しい~~!!!元のクリスマスプディングよりも控えめで上品な甘さになっていて 生地も柔らかく とってもしっとり ドライフルーツが一杯で これ英国のクリスマスプディングより百倍美味しいよー!!! 職場の皆さんで舌鼓を打ちながら 堪能させて頂きました 
その後家に持ち帰って夫も試食 夫も元のクリスマスプディングより このパウンドケーキの方が何倍も美味しい!と太鼓判 改めて職場の方の料理の腕前に感嘆した次第です 彼女は残ったクリスマスプディングを練ってペースト状にして ケーキの材料と混ぜて焼き上げたのだとか その他にもやはり煉ったクリスマスプディングをトーストにぬってジャム代わりにして食べるなど 英国人の夫や私には全く思いつかない柔軟な発想が素晴らしい!! 
本当に創造力豊かな方で羨ましい限りです 楽しいアイデアで華麗にお菓子を変身させて下さり 本当に有難うございました~! 

最後になりましたが パウンドケーキの写真を撮ってくれたMさん ご協力ありがとね!
  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。