--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-25

Edensorのティ-ルーム

 ずーと探していた写真が見つかったので ここで私のお気に入りだった英国のティールームをご紹介します
    
      PICT0503_convert_20080925081736.jpg
 
 このティールームは Edensorという それはそれは美しい村にあります EdensorはDerbyshire 州Peak District国立公園のほぼ中央 あのイギリス一広い領地を保有している デボンシャー公爵のお屋敷、Chatsworthの 国道を挟んで(お屋敷のお庭の中を国道が走っているのです)ちょうど真向かいに位置する村
            PICT0523_convert_20080925083704.jpg
            PICT0529_convert_20080925083753.jpg
    
        
 この村も又 デボンシャー公爵家に属しているようで 村の建物が Chatworthによく似た様式 色合いに統一されているなあ。。。と思いきや なーんと この村 以前は全く別の外観だったのに ある時 何代目かのご領主様の命令で その建物総てを 現在のように建て替えさせたれたそうな しかもそれが ”毎日 窓から見える村なのに 見苦しいのは イヤ”(!)という 住人達には理不尽極まりない 大層失礼な理由からだったそうで ああ 金持ちはいつの世も傲慢だわ
 ま ただ そのお陰で 今日私達の目を楽しませてくれているのは 事実なのですが。

 さて ティールームに入ると目に付いたのは こちらのレシピ
        PICT0507_convert_20080925082014.jpg

 このティールーム 今は名前が違うのですが 確かにティールームに隣接して stable(馬小屋)もあるので The Stables Tea Roomというのは このティールームの前身でしょうか?レシピは額に入れて飾ってあったので 代々こちらのお家に伝わっているものなのかもしれません。
 
 このティールーム 常時4,5種類のケーキを揃えていて いつもどれにしようかとても悩むのですが(どれもとっても美味しそうなので)本日 私は洋ナシのケーキを
          PICT0510_convert_20080925082107.jpg

 夫は農夫のランチと呼ばれる Ploughman's lunchを頂きました
          PICT0511_convert_20080925083347.jpg
これは チーズやチャツネとパン サラダが一皿に盛られている イギリス伝統の軽食とでも申しましょうか 地方に行くと 大抵その土地のチーズに手作りチャツネを出してくれ これまた美味しいです 私の選んだケーキもあっさりしていて 甘すぎず。。 うーん ご馳走様! 

 お腹一杯になり 腹ごなしに 村の教会を見学
          PICT0525_convert_20080925083606.jpg
              PICT0516_convert_20080925083930.jpg
 
 こちらの彫像 服装はローマ人ですが 顔つきが完璧にブリテッシュ!
            PICT0518_convert_20080925084019.jpg
 
 片隅にあったお葬式の絵 説明にはこれまた何代目かのご領主様が 時のアイルランド統治に対する、イギリス政府の最高責任者に任命され 赴任地へ向かったのですが 何と ダブリンに到着して十数時間後に暗殺されてしまったそうです この絵は そのご領主様のお葬式の模様です 
              PICT0521_convert_20080925091429.jpg
              PICT0520_convert_20080925084243.jpg
 こういった事が もう2度と繰り返されませんように。。。。 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。