--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-14

世界の夢の本屋さん ~京都編~

IMG_9017_convert_20120912084454.jpg
 私のお気に入りの1冊に「世界の夢の本屋さん」という本があります これは世界中の魅力的な本屋さんを訪れて 美しい写真とそこで働く方々のインタビューを元に 本屋という空間が今なお どうして人々を引き付けるかを探求した 正しく夢の様に美しい本で ページを捲る度に 私なんぞは ああ この本屋にも あの本屋にも行きたい~とほぉと ため息をついてしまいます

こちらに著者のインタビューと 美しい写真が幾枚か紹介されていますので ご興味のある方は ぜひどうぞ

http://wired.jp/2012/09/07/fabulous_bookstores/
このシリーズは現在2冊出版されていて 2巻目には何と!以前私が英国に住んでいた時 隣町にあった本屋さんも紹介されています

http://wired.jp/2012/09/07/fabulous_bookstores/5/

 Derbyshire州は Peak District国立公園がその州の大部分を占めていますが 国立公園の南の端にComfortという小さな町(村と言っても良いかもしれないサイズですね)があり そこにあったScarthin Booksという本屋さんなのですが 夫と散歩の帰りによく立ち寄りました 本屋さん自体は英国でよく見かける古本屋さんの雰囲気です 「夢の本屋さん」の写真で見るよりはずっと小さくて 狭く そしてもっと薄暗いです(写真家の方の腕前に感嘆してしまう!)が そんな限られたスペースなのに多岐に渡った分野の本を取り揃えていて 興味は尽きなかったですね 家屋自体が年代物なのでこんなに本を置いたら天井が抜けないかと余計な心配をしたり(英国には そんな天井の抜けそうな 家全体が軋みそうな本屋さんが一杯ありますが)最上階にカフェがあり そこのスコーンやお菓子が美味しかったなあ 雪の降った日など そのカフェで熱い紅茶とお菓子を食べながら外の雪景色を見たのも 今では懐かしい思い出です 私も実はこの本屋さんの事を 以前ブログに書いています

私の好きな場所 その2 カフェ&ティールーム
 私も子供の頃から本屋さんが大好きでした 今でも地元の本屋は元より 旅先などでもよく足を運びます 本屋というスペースは 私にとって魔法の力を持つ パワフルで不思議な空間 私はその迷宮にわざと迷い込んで ふらふらと時間を忘れて放浪するのが好きなのかも知れません

 話が大分逸れてしまいましたが この夏帰省中に寄った京都の2軒の本屋さん どちらも「世界の夢の本屋さん2」で紹介されています まず上は けいぶん社一乗店 店内は撮影禁止でしたので外見のみですが 少しでも雰囲気が伝わるかな?この本屋さんのコンセプトは 全く違った出版社、出版年代 作家の本を 色々なテーマ毎に集めて 棚に並べたことでしょうか?大手ですとジュンク堂が似たようなことをやっていますが こちらの本屋さんは その本を集めるテーマが大手に比べると もっと趣味に走っている、という感じ 中々眼の付け所が良いなあ、と思わせるテーマ、選書も多々あり 嵌るとちょっとやそっとでは抜けられない空間です 本屋を通り越して 殆ど図書館のディスプレイですが こんな魅惑的なディスプレイ 残念ながら図書館では余りお目にかかれない!あと 店内には素敵な雑貨なども販売され 楽しさも倍増

    IMG_9049_convert_20120914085225.jpg
 そしてこちらは ガケ書房 正面の赤い車はオブジェで 石畳の壁から突き出ています こちらの本屋さんはけんぶん社と比べると 更にマニアック 何とは無く「ガロ」の世界(ご存知かな?)を連想させられたのは 私だけでしょうか?
 2軒の本屋さんは歩いて行ける距離にあり 双方とも足を運ばれることをお勧めします またこの辺りは京都繊維工芸大や京都造形大がある関係か カフェや手作りアクセサリー、美術雑貨用品を取り扱うお店も多く そんなお店を覗きながらぶらぶらするだけでも充分楽しめます 私達も素敵なカフェに出会いましたが そのお話は次回に  

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは~!

知りませんでした!!!

こんな素敵な本屋さんが、世界中に有るなんて・・・
日本にも、有ったのね・・・・!!!

これは、凄い!!!

是非×是非、行ってみたいものです。

名前は忘れましたが、
台北にもスパー本屋さん有りましたよ。

・・・出逢えて良かった・・・
そんな物語達に、いっぱい出逢いたいなぁ~!!!

出逢いましょう、必ず・・・

素敵な本屋さんへ向かって進むーーーー!!!

No title

TAMA様>TAMAさんも本屋さん巡り お好きですか?
うちはもう 夫婦揃ってです。。。。
私は小さい時から本屋に入り浸って 
ブラブラ歩きに立ち読み三昧の日々を繰り返していました
それは大人になってからでも変わらず
例え外国で 文字がさっぱり読めなくても 
本屋さんは無視して通れないのです
図書館も好きだけど 本屋さんて
なぜこんなにワクワクしてしまうのかな~

TAMAさんも ぜひお気に入りの本屋さんを見つけてくださいね!
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。