--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-24

檜枝岐村

     IMG_9200_convert_20120820081313.jpg
今回の宿泊は桧枝岐村という 山間の小さな村でした 200年以上も続く桧枝岐歌舞伎や 山人(やもーど)料理という独特の郷土料理で知られる里 どんな所なのでしょう ワクワクしますね~ 
    IMG_9168_convert_20120820075847.jpg
早朝に自宅を出発し電車とバスを乗り継いで6時間余りかかって村に到着した時は すっかりお腹がぺこぺこ 宿の方にお伺いして 村を散策がてら食事処を探しました 村は沼田街道という国道に沿って細長~く広がっているため散策も簡単 宿から数分歩いた所で最初のお蕎麦屋さんを発見!只今開店140周年(!)記念価格で営業中とのこと これ程続くお店ならきっと美味しいに違いないと 早速入店してみました!店内はほぼ満員のお客さんで賑わっていましたが タイミングよく席を見つけることができました 私はやはり村の特産!ということで お蕎麦を注文 上がその写真です 写真では分かり難いかもしれませんが 都会では2人前は悠に有りそうな盛りで びっくり!!檜枝岐村では土地が痩せているため 昔から蕎麦の繋ぎになる山芋が出来なかったため お蕎麦は全て十割 冷たいお蕎麦のみとのこと 横に添えられているのは竹の子や山菜のピリ辛のお漬物 何故かこの村ではワサビも生えないため(天然ワサビは水のきれいな所にに育つので この辺り一番ワサビが育ちそうなものなのに。。。ちょっと不思議です)ピリ辛の山菜をワサビの代用品にしているそうな お蕎麦は歯ごたえがあり とっても美味しかった~ 食べ応え有りました

    IMG_9166_convert_20120820075714.jpg
夫は冷たいお蕎麦が苦手なので 天丼を注文 こちらも山菜や白身のお魚がてんこ盛り お味噌汁と箸休めもついて夫もにっこり 大満足

    IMG_9170_convert_20120820075919.jpg
そして檜枝岐村郷土料理の一つ ”はっとう” そば粉を煉ってひし形に切った物を茹で じゅうねん(えごま)やきな粉などをまぶして食べます 稲作が難しいこの地域の伝統的なご馳走で 昔は農作業が一段落した時などに振舞われたそう ちょっと変わった名前の由来は 何でもその昔見回りに来たお上の役人に献上した所 余りの美味しさに驚いたお上「この様に美味なご馳走を農民が常日頃食べるのはもっての他 ハレの日のみ許す」という”ご法度”が出たことから、だそう いつの世も権力者って横暴ですね。。。。お味の方はお餅に似たもちもちした食感 それに甘いきな粉等がまぶしてあるので 殆ど和菓子感覚です

    IMG_9165_convert_20120820075608.jpg
こちらはそば粉のお団子 よく食べるな~とお思いでしょうが 朝ごはんもそこそこだった私達 美味しそうだったので注文してみました しかもメニューの写真ではほんの一口サイズに写っていたので お料理が出来るまでに摘めるかなぁ~と簡単に考えていたら。。。。運ばれてきてびっくり!!メニューの写真の倍くらいは有りそうな巨大なお団子が3つ どどーんと鎮座ましましているではありませんか!?サンプル写真より量が多い料理を出す店なんて初めてです こちらもそば粉を煉ってふかして作ったお団子ですが 食感は里芋に近く ねっとりした里芋の牡丹餅の様で美味しかったです!

    IMG_9199_convert_20120820082432.jpg
     その後は 腹ごなしに村の外れにあるミニ尾瀬公園に行ってみました

    IMG_9193_convert_20120820082201.jpg
人工的に作ったとはいえ せせらぎや小さな滝が清々しい バックの山々と調和もバッチリです 惜しいなと思ったのは公園内のカフェ 外見は尾瀬の雰囲気にぴったりマッチした山小屋風ロッジなのに 中へ入ってみると大変殺風景な作りで プラスティックの丸テーブルや椅子がポツン ポツンと置かれているのみ。。。このロケーションには勿体無い限りです これで室内のインテリアもそれなりに揃っていれば 又とない素敵なカフェになるのになあ。。。。

          IMG_9188_convert_20120820081439.jpg
           それでも水面の透明感と言ったら! 

     IMG_9197_convert_20120820082308.jpg
         紫陽花もまだ見ごろ 夫には ”floatcandy”の様に見えたそうですが。。。

     IMG_9174_convert_20120820080052.jpg

     IMG_9175_convert_20120820080124.jpg
上の2軒の建物は この地方に伝わる伝統的な建築方法で建てられたもの 下の写真の建物は釘を使わず 木材が互い違いに積み重ねられています 他にも同じ幅の長い木材を何枚も枠にはめ込んで積み重ねていき シャッターを作っているお家も沢山見かけました 東北地方には今でも見られる雨戸の一種ですね  

          IMG_9176_convert_20120820080152.jpg
         ご覧の様に 屋根は木皮で葺いてあります
     IMG_9162_convert_20120820075516.jpg
沢山の伝統が残る桧枝岐村ですが こんなカフェもありました 「明日天気」という 聞いただけで元気が出てきそうな名前のカフェは目の前にハーブ園を展開 そこで採れたハーブや果物をお料理に使っているとか 

     IMG_9159_convert_20120820075306.jpg
       私はワッフルセットを。。。 

     IMG_9158_convert_20120820075151.jpg
夫は尾瀬の水を利用した 水ゼリーを注文 どちらのお皿にも自家庭園から摘んだベリーが添えられています 水ゼリーというお菓子は初めてでしたが これが中々いける!上品なお味で とても美味しかったですよ

     IMG_9189_convert_20120820081510.jpg
 こんな調子で檜枝岐村のスローライフも流れていきます 次はいよいよお宿のご紹介!

     
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ひのえまた・・・って読むのですよね。
コンナに素晴しいところだったのですね。
私は、燧ケ岳の登山後、御池に下りて
そこから桧枝岐村で、入浴、お食事をして帰った記憶があります。
お食事に裏山で採れたという、
まいたけのてんぷらのが出て
美味しかったこと忘れられません。
それ以来、てんぷらには舞茸は欠かせない材料となっています。

kazueさん、食べられるうちにたくさん召し上がってくださいね。
私のような年齢になると、
ほんのちょっとしか食べられなくなるんですよ。

お宿のアップが楽しみです~。

Re: No title

にりんそう様>あっという間に9月になってしまいました 
この所恐ろしい速さで時間が過ぎていくように思います
何だか思うようにブログの更新も進まず 一体毎日何をしているのだろう??と自問自答の今日この頃です
時間の使い方を少し考えないと。。。。
毎度毎度お返事が遅くなって 申し訳ないです

やっとこさ旅館のお話前半だけ書きました
後半も頑張って完成させたいです!
桧枝岐にはキャンプ場もあって テントを張っている方々も沢山いらっしゃいました
正に絶好ののロケーションですね~

有難うございます お言葉に甘えて一杯食べてきました
続きもどうぞご覧になってくださいね

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。