--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-27

Skye島 ③

IMG_1170_convert_20111127085700.jpg
 久しぶりのスコットランド旅日記です 早いものでこの地を訪れてから 6が月近くが経とうとしています 既にスコットランドでは初雪も観測され あれ程観光客で賑わったスカイ島も 今は厳しい寒さに閉ざされ 深い眠りに落ちていくかの様な静寂さでしょう 

     IMG_1165_convert_20111127085808.jpg
 ぶらぶらドライブをしてやって来た小さな入り江の村 ここには有名なウィスキーの蒸留場があり ウィスキー製造過程を見学しながら最後には試飲もできる、というツアーを目当てに沢山の人が訪れていました そのせいか?絵画の様に美しかった小さな村にある数件のB&Bはどこも超満員 ウィスキーには全く関心のない私達夫婦ですが この入り江の村には滞在してみたかったな~ ちょっと残念

     IMG_1239+-+Copy_convert_20111127091629.jpg
 これがその Taliskerウィスキー蒸留場 併設されていたお土産コーナーで 義母と父へのプレゼントを購入 家族の中でウィスキーを飲むのは この2人のみ 義母はスコットランド人なので ウィスキーに故郷の香りを感じるのかも

     IMG_1176_convert_20111127085857.jpg
 この日は本当にとことん宿が見つからず 今晩のねぐら探しに走り回った感がありました この島では大規模と言えるホテルから家族経営のB&Bまで 信じられないことに完全に一軒残らず超満員!宿を探しあぐねて とうとうPortreeという スカイ島一大きな町まで戻ってきてしまいました ここなら数え切れない程のB&Bがあるのでどこか一室くらいは空いているだろう。。。。と期待した私達は甘かった!!通りにずらっと軒を連ねるどのB&Bにも”No Vacancies”(満室)のサインが。。。。すわっ 今夜は車の中で雑魚寝か??と次第に焦り始めた頃 やっと一軒 ”Vacancies”の札を見たときは 思わず夫と歓声を上げ抱き合いました~!やっとの思いで見つけた部屋 誰かに取られちゃ元も子もないと 部屋を抑えるため宿へ直行!そこはB&Bと言うよりは ユースホステルの様な所でしたが この宿でも私達の部屋が最後の一室だったのです きっとこの部屋がスカイ島中のホテルのラスト一室!だったに違いありません!!
 そんな訳でどうにか今晩のねぐらも確保でき 気が付くとお腹はぺこぺこ Portree中心部のレストランもまたどこも超満員でしたが 少し待っただけで運よく席がゲットできました 今日はついてる?!スカイ島に来て やはり食べたいのは新鮮な魚介類!私はムール貝のワイン蒸しを注文 ベルギーに行ったとき バケツ一杯(決して誇張ではありません!)のムール貝を良く食べました 美味しかったなあ~ ここではバケツ一杯とまではいきませんでしたが ご覧の通り お皿に山盛りです
   
     IMG_1177_convert_20111127085942.jpg
              夫はサーモンの前菜 

     IMG_1179_convert_20111127090012.jpg
        そしてメインへ 私は鱸のような白身の魚のグリル 美味しかった~!

     IMG_1180_convert_20111127090049.jpg
              夫はチキン あくまでも肉食人種である

     IMG_1187_convert_20111127090216.jpg
食事が終わってレストランから出てみると もうとっぷりと日も暮れ。。。。恐らく10時頃でしたか しかし今だに完全に暗くはありませんね Portreeもまた入り江沿いの素敵な町 カラフルなパステルカラーの町並みはどこかイタリア辺りの南欧の港町を思わせます

     IMG_1198_convert_20111127090422.jpg
 さて翌日は近くの ”Fairy's Pool”という所へウォーキングに行きました ”妖精たちの水溜り”何とロマンチックな名前なのでしょう 一体どんな所なのか想像がかきたてられ ワクワクします そして又 ユースホステルのご主人(若いオランダ人青年でとってもフレンドリーな方でした)に スカイ島を離れる前にぜひ足を伸ばして!と勧められた場所へ この後行ってみたのですが そこが又大ヒット!そのお話は次へ続きます
   
     IMG_1194_convert_20111127090956.jpg
 スコットランド産のアンガス牛 アンガス牛は高品質のステーキ牛肉として英国全土に広く知られています 日本なら差し詰め松坂牛でしょうか?しかし この牛さん たった一人で何やら遠くを見つめ哲学してますね~(?)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

お部屋が見つかって、ホッ!ですね。
ムール貝、本当にベルギーではバケツ一杯どんと来ますね。
あれにはびっくりしたこと覚えています。
でもワインとともに、たべてしまうんですよね。(笑)
portreeの街のなんとカラフルなこと!
素敵です~。
こういうのを拝見するとまた旅に出たいです~。
妖精が今にも出てきそうなところでのウオーキングも
さぞかし楽しかったことでしょう。
次の場所のお話も期待していますよ~。

No title

にりんそう様>今日は
6月のスカイ島ほど宿が見つからなかったことは 今までなかったです 欧州中から沢山の観光客がどっとやって来るようですね
この時期に旅行するときは ちょっと注意が必要かもしれません

ベルギーのムール貝 にりんそう様も召し上がったことありますか
私はベルギーが好きで 4度ほど言ったことがあるのですが
ベルギーの料理とビールが大好きです!
フリッツ(フライドポテト)の美味しいこと!!
また いつか!と密かに計画を練り上げてます。。。(?) 
 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。