--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-02

スコットランド気まま旅 ④ Glencoe から Fort William 

     IMG_0789_convert_20110729214612.jpg
 暑中お見舞い申し上げます つかの間の涼も過ぎ去り 再び日本は暑くなりましたね~ 皆様お変わりございませんか? さて 私達の旅は スコットランド歴史上で 最も血生臭い虐殺が繰り広げられた、Glencoe へとやって参りました その前に安らぎの一服って訳で 上の写真は Fort William 
     IMG_0670_convert_20110729212352.jpg
         Loch Lomondをひたすら北上し  

     IMG_0685_convert_20110729212712.jpg
     やがて湖を離れると 辺りはこんな景色に。。。。 
 
     IMG_0705_convert_20110729212843.jpg
 写真の手前の小さな白い橋へ 白い車が差掛かろうとしていますね 見えますか?比べてみてください この自然の雄大さと。。。。  

     IMG_0725_convert_20110729213108.jpg
Glencoeに差し掛かるまでには沢山の湖(loch)と峡谷(glen)が 信じられない位美しい景観を作り出しています

     IMG_0738_convert_20110729213556.jpg
 こちらがGlencoe Glencoeとはゲーリック語で「嘆きの峡谷」を意味します 17世紀スコットランドの特にハイランドはフランスなどの支援を受け イングランドと敵対していました ハイランドの有力氏族だったマクドナルドは イングランド王にとりあえずの服従を示すための誓約書に署名をする様求められましたが 嘘の期日を教えられ書名に遅れてしまいました この事が イングランドにマクドナルド制裁を行う格好の口実を与えてしまい ローランドのキャンベルを客人としてもてなしたにも関わらず イングランドとこっそり手を結んでいたキャンベルに寝返られ 女性 子供を含む一族が皆殺しにあった、と言うものです 
 今では そんなむごい虐殺があったとは信じられない位 美しい峡谷ですが ここに立つと ”ぞっとする何か”を感じる方もいらっしゃるのだとか。。。 

     IMG_0731_convert_20110729213303.jpg
私はひたすら 自然のパノラマにうっとりしておりました こんな自然に比べれば 自分は何と小さな存在であることか。。。なーんて ちょっと哲学してみました 今度はゆっくりこの辺りを歩きたい。。。

     IMG_0733_convert_20110729213502.jpg

     IMG_0728_convert_20110729213221.jpg
       地平線の彼方まで 見渡す限りの荒野です 雲が何て力強いのだろう!

     IMG_0778_convert_20110729214207.jpg
 その後 Fort Williamに無事到着 今日のお宿は ピンクの可愛いB&B!旅の話 まだまだ続きます 

     

     
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私は多分、こういう景色を見たかったんだと思います。スコットランドへ行くにあたり。(だって出かけた理由はまさにそういうイングランドVSスコットランドの時代の舞台を見たい♪だったのです^^)でも10年以上ぶりの海外旅行、不安で不安で交通手段もよく分からず、インバネスとエディンバラぐらいしか行けませんでした。
今こうしてKazueさんの記事で見ると素晴らしい景色ですね。そういう歴史を上回る圧倒的な自然だな~と思いました。本当に人間なんてちっぽけなものですね^^

No title

ぐー様>英国は都市以外だと
公共交通の便が今一なので
どうしても 車で廻る方が 圧倒的に
効率的になってしまいますね
でも インバネス周辺でも 
素敵な景色が堪能できたのでは?と思います
ネス湖には行かれましたか?
また追々ネス湖の写真も載せますね
エジンバラも美しい町ですよね~
私も住んでみたい町のひとつです

No title

kazueさま、こんにちわ。
長い間のご無沙汰です。
いろいろ後心配戴きありがとうございました。
私も日々回復に向っています。

一気にスコットランドの旅拝見いたしました。
スケールこそ違いますが、なぜか日本に似ている感じがしますが・・・。
おおきな山の映像を見て、九州の阿蘇の外輪山を思い浮かべました。
こんな感じの山が連なっていました。
旅はいいですね。
私も回復したらまた夫と是非旅行をします。
早々、試験合格なさったのですね。おめでとうございます。
わが息子は10月発表ですが、自己採点で既に今年もだめであったようです。また来年も挑戦するとのこと、
合格に喜ぶのはいつになってからでしょう・・・・。

にりんそう様>その後 お加減は如何ですか?
暑い時ですから 無理なさらないで下さいね

スコットランドは阿蘇の山々に 似ていますか?
そういえば 英国で知り合った 熊本出身の方も
似たようなこと 言ってましたっけ
阿蘇は 高校の修学旅行で行ったきりです
また機会があれば ぜひ行ってみたいなー

司書の資格は 大学の単位と同じで
一定数の単位を収めれば 修得できるのです
司法試験は やはりとっても狭き門ですよね
めげずに挑戦し続ける息子さんの気力は
頭が下がります
きっと にっこり笑う日が 必ず来ますよ~!
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。