--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-05-13

茅野~諏訪湖 周遊の旅 ②

      PICT0034_convert_20110429082048.jpg
 さて 信州旅日記 諏訪大社に続きましては 茅野の神長官守矢資料館へ
守矢家は 中世から明治時代に掛けて訪大社上社の神長官を勤めてきた家柄だそうで この資料館は守屋家の敷地内に建てられています 中々雰囲気のある建物ですね
早速中へ。。。。

     PICT0084_convert_20110511075030.jpg
 中には御柱祭と並ぶ 諏訪大社の重要なお祭り「御頭祭」のお供え物の復元が展示されていました。「御頭祭」は旧暦3月の酉の日に行われる為 別名「酉の祭り」とも呼ばれる 五穀豊穣をお祝いするお祭り 御柱祭が7年に1度行われるのに比べ こちらは毎年4月15日に上社前宮で催され 今や県外からも大勢の方が見学に来られるとか
     PICT0083_convert_20110511074935.jpg

     PICT0088_convert_20110511075751.jpg
 この資料館には 他に守矢家に伝わる古文書など 沢山の貴重な資料が収められています これは諏訪大社周辺の昔の地図 御柱が現在と同様 奉られていますね

     PICT0075_convert_20110511074549.jpg

     PICT0066_convert_20110511074233.jpg
 再び屋外へ この辺りは 大小様々な社が数えきれない程(個人宅の軒先にも)ありましたが そのどれにもこのように御柱が祀られています 大変信仰心厚い地域なのですねぇ、と その時。。。。

 PICT0051_convert_20110511074136.jpg
             畑の向こうに見えるものは 一体なんだ?!  

 PICT0058_convert_20110429082431.jpg
 近寄ってよくよく見ると どなたが作ったのでしょう?子どもが一人、二人入れる位の小さな ハンモック型の小屋(?) でも きちんと丸い窓も煙突もついています 側に置かれていた梯子を使って 左下の入り口から入るのでしょう 何だかとても素敵 こんな中で雪の降る冬の日 窓の景色を眺めつつ 好きな本を読みながら一日暮らしてみたい!

 PICT0069_convert_20110429082627.jpg
 こちらはハックルベリィ フィンの物語にでも出てきそうな 小屋ですね どちらも夢があって楽しそう こんな遊び場を持っている地元の子ども達が とっても羨ましくなりました 
 PICT0063_convert_20110429082513.jpg
 旅の話は もう少し続きます
  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。