--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-26

瀬戸内国際芸術祭⑥の2 直島

       PICT0566_convert_20101219192013.jpg
数多くの現代アートが収集され 見応えのあるベネッセハウスミュージアムを訪れた後は  海岸へ。。。  
       PICT0544_convert_20110117075132.jpg
   
       PICT0562_convert_20101219191945.jpg
小さな島々が無数にその姿を浮かび上がらせ 海は穏やか 潮風がう~ん 気持ちイイ! 

       PICT0569_convert_20101219192103.jpg
               そして浜辺にも アート作品が。。。

       PICT0571_convert_20101219203721.jpg
                 風に揺れてゆらゆら      

       PICT0583_convert_20101219203836.jpg
 代わってこちら 直島銭湯「I湯」まるでデコパージュの様に いろんなオブジェが繋ぎ合わされ 見ているだけでわくわくしますが 実際立派に入浴も出来る 正真正銘の銭湯なのです
           PICT0617_convert_20101219204835.jpg

 銭湯のお隣にあった カフェで一休み    
           PICT0614_convert_20101219204808.jpg
 こちらのカフェも 銭湯に負けず劣らず とっても楽しいオブジェが満載!   
           PICT0600_convert_20101219204033.jpg
    
           PICT0601_convert_20101219204126.jpg

       PICT0602_convert_20101219204533.jpg

       PICT0603_convert_20101219204621.jpg
          あ エルビスのコーヒーだ!ファン必携?!

           PICT0605_convert_20101219204654.jpg
テーブルもコーヒーマグも 70年代風 このカフェもアートの一部なのかと思う位 洗練されてます

           PICT0612_convert_20101219204729.jpg
       頂いたジャークチキンも自家製BBQで 食べ応え大いに有りでした~

           PICT0581_convert_20110117075959.jpg
 と 何故かこんな記念館まで。。。英国人の夫 故国のヒーローが 遥か極東の国で奉られているのを一目みたいと(?) 早速行って見ることに。。。。
 
           PICT0594_convert_20110117080103.jpg
 この記念館は 2002年に出版された「007赤い刺青の男」(執筆は勿論 オリジナルの原作者=イアン フレミングではなく アメリカの作家)の中で G8サミット開催地として直島が登場したことを記念し 建てられたもの 直島、香川県はこれを期に 007映画のロケ誘致活動を続けており 毎年夏には ”ボンド ナイト”も開催されるとか いつの日かぜひ 実写の007が この島で大暴れしてくれる日が来たらんことを お祈りしています!

           PICT0590_convert_20110117075912.jpg
       やっぱりボンドは こうじゃなきゃ(?!)
            
 
           
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。