--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-09

瀬戸内国際芸術祭⑤の2 豊島 

      PICT0452_convert_20101125231145.jpg
豊島(てしま)は 小豆島と直島のほぼ中間にある 他の2島が観光地としてその名を馳せているのとは対照的に 豊島は 普段着の島 全く観光地化されておらず 時間がゆっくりと静かに流れていく島。。。
 
       PICT0365_convert_20101125064705.jpg
     
       PICT0371_convert_20101125072435.jpg

       PICT0369_convert_20101125064918.jpg
 ドイツのアーティストのデザインによる 迷路のような サイケデリックな内装のカフェ こんな場所で食べるご飯はどんな味がするのやら。。。。

       PICT0379_convert_20101125072525.jpg
 この日も相変わらず早起きをして高松を出立したため お昼前から既にお腹が空いてきた私達 前述のカフェの側にあったお食事処へ入ってみました ここは地元のおばちゃん達が経営しているお店「うらら」お米は豊島産 お魚もお店のご主人が朝釣ったばかりと 活きの良さは天下一品!おばちゃん達のきびきびと でも 穏やかで大らかな働きぶりと相まって 私達もホッと 暖かい 幸せな気分になります
       PICT0373_convert_20101209085055.jpg
 おばちゃん達の1人がお話してくれました 今その方のの子供さんが東京に住んでいるそうなのですが お米は豊島産の方が断然美味しいと熱烈なリクエストがあるため お米だけは欠かさず 東京へ送っているそうな 折りしも 新米の時期 それはそれはつややかでふっくら 甘味のあるご飯でしたよ~「お客さんは皆さん お米が本当に美味しい 美味しいと言って 一杯食べてくださる 先日来た4人組の男の子のグループなんて 1升のお櫃 あっという間に平らげたので 慌てて後のお客さん様に 焚きなおしたのよ~」とのこと 勿論 ご飯のお代わりは自由で 私もしっかり頂きました!   
    
       PICT0399_convert_20101125072728.jpg
 芸術祭期間中 豊島では無料の循環バスも運行され 島を挙げての協力振りには頭が下がります そのバスに乗り込み やってきた先は 甲生(こう)という 海岸 この作品は 元公民館だった建物を解体 再構成 古い民家から不要となった窓や扉などを組み合わせて作った こんなノスタルジックなトンネルを通って 建物の中へ。。。 
       PICT0402_convert_20101125072833.jpg
 
       PICT0403_convert_20101209093433.jpg

       PICT0410_convert_20101209093516.jpg
 あの小窓を覗くと どんな風景が 眼下に広がっているのでしょう 余談ですが 小窓って 何かドキドキするような ミステリアスな雰囲気がありますね 小さく 四角く仕切られた 異次元の世界、とでも言えましょうか
       PICT0437_convert_20101125231004.jpg
               豊島の話は もう少し続きます
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。