--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-06

養老渓谷

       P1010586_convert_20101202080232.jpg
瀬戸内国際芸術祭の途中ではありますが ここで 先日訪れた養老渓谷の様子をどうぞ!
      P1010505_convert_20101202075448.jpg
 JR内房線の五井駅から小湊鉄道に乗り換えて 養老渓谷を目指します 
小湊鉄道は2両編成の こんな可愛らしいローカル列車       
      P1010515_convert_20101202075636.jpg
 今日歩いたのはこのコース 大福山という標高僅か240メートルほどの山(殆ど丘?)に登った後は 一気に梅ヶ瀬渓谷に下り 沢に沿って 紅葉を楽しみながら 10キロ近くを歩きました
      P1010642_convert_20101202082020.jpg
  紅葉はまだ100%とは言えませんでしたが それでも 火の様に真っ赤に燃えるもみじの美しさといったら!
      P1010621_convert_20101202082426.jpg
 そして 後半は梅ヶ瀬渓谷のせせらぎに沿って。。。このルートの景色もまた素敵で すっかり心も洗われる気分 長年の侵食により 誰かさんの歯の様に並んだ岩々
      P1010626_convert_20101202080438.jpg
        こちらは岩肌に 秋色に染め上げられた 紅葉のカーペット 
      P1010559_convert_20101202075952.jpg
 ここは「日高邸跡」 元高鍋藩士で 梅ヶ瀬に文字通り梅の木を一杯植林した日高誠実が 若者の教育のため開いた 梅ヶ瀬書堂の跡 今は建物も朽ち果て 見る影もありませんが しんと静まり返った谷合いに佇むと 神々しい光が差し込み 何処となく神秘的な雰囲気に しばしうっとり      
      P1010574_convert_20101202082226.jpg
 このコース 春は梅や山桜が咲き誇り 真冬には 湧き水が凍って 渓谷の岩肌にツララを作るそうで どんな季節に訪れても自然が満喫できそう 今度は違う時期に ぜひまた歩いてみたい所です
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。