--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-30

立山黒部アルペンルートの旅 ②

         PICT0352_convert_20100730094112.jpg
     旅の二日めは 立山を長野側へ降りつつ 黒部ダム見学をしました
         PICT0276_convert_20100730094828.jpg
 さて朝目覚めると 部屋の窓からは 朝焼けの空に映える山並みが。。。今日も好いお天気になりそう!
         PICT0280_convert_20100730090818.jpg
         朝食の前に もう一度散歩に出る
         PICT0279_convert_20100730090945.jpg
          地獄谷からは相変わらず 煙がもうもうと。。。

 さて室堂から黒部ダムまでは トローリーバス ロープウェイ ケーブルカーを乗り繋いで行きますが これまた非常にタイミングよく 待ち時間がないように各乗り物の発着時刻が組み合わされており 全く時間のロスもなくスイスイ あっという間にダムのある黒部湖まで降りてきました 旅情を感じると言う意味では 少々あっけないような気もしますが こういう手際のよさ そつの無さは さすが日本という所
         PICT0310_convert_20100730091324.jpg
 しかしその間も 北アルプスの美しい山々は私たちを魅了して止みませんでした 深緑と僅かな名残り雪のコントラストが 本当に本当に美しかったです 
         PICT0308_convert_20100730101124.jpg
 こちらロープウェイ 乗っている時間は僅か5分ほどなのですが このロープウェイ 景観を考慮して ロープを支える支柱が一本も途中に建てられていません 写真の中央 小さく見えるのが大観峰の駅です あそこから長~いロープのみを伝って降りてきた訳で 高所恐怖所の夫はロープウェイに乗っている間も決して窓際に寄ろうとはせず。。。このロープウェイが出来るまで 登山者や旅人は 大観峰から樹海をぬって下山するのに6時間も掛かったということです 
         PICT0328_convert_20100730091458.jpg
          そして黒部ダムのある黒部湖へ到着
         PICT0349_convert_20100730093438.jpg
 世紀の大事業と言われた 何万人もの人々の汗と涙の結晶 黒部ダム 夏の間は毎日何万トンもの水を放水中 暫しの涼を与えてくれます
        PICT0331_convert_20100730094034.jpg
         PICT0352_convert_20100730094112.jpg
         またまた虹が! 薄っすらですが写真で見えるかな?

 この後大町から大糸線で 安曇野にある「いわさきちひろ美術館」を目指しました そのお話は次回に続きます

         
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。