--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-20

東京美術館廻り

        PICT0416_convert_20100620202418.jpg
 少し前のお話ですが 久しぶりに東京に行ってきました 横浜から 電車で僅か40分程で行けてしまう東京ですが 私たちは滅多に出かけることが有りません でもこの日は 夫がどうしても見たい美術展が開催されていたため 意を決して(?)レッツゴー!
  
 まず向かったのは 新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館 この美術館は旧安田火災ビルの42階にあり 窓からの眺めは 上の写真の様 微かに東京タワーや明治神宮の森も地平線の彼方に見えましたが まあ 一面のビル群です と 右手の方に何やら奇妙な形の建物が。。。
       PICT0414_convert_20100620202321.jpg
 どこかで見たことがあるなあと思ったら ロンドンは金融街シティにある 30St Mary Axeという建物にどことなく似てます 
           SwissReHQ_convert_20100620204247_convert_20100620204457.jpg
     (この写真はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/30セントメリーアスクより)

 こちらが元祖様 元祖様の建物の名前の由来は このビルが建っている番地そのまんまという 至って芸のない話なのですが イギリス人にはそれよりも通称のThe Gherkinという名前で親しまれています gherkinとは きゅうりのピクルスのことで 建物の形がよく似ていることから付けられたそうな でも私にはロケットかピストルの弾丸の様にも見えますが。。。
 あ 肝心の展覧会は モンマルトルを代表する画家の一人 ユトリロ展でした 日本初公開の作品も多数含まれ 中々見応えもあり 夫は満足そうでした
 
 その後は 渋谷を挟んで 山手線を反対方面へ 目黒の東京都庭園美術館へ向かいます こちらでも興味深そうな展覧会が。。でもその前にやはりこの夫婦 腹ごしらえが必要だったと見えて 気が付くと 目黒駅前でぶらっとネパール料理店なんぞに入っていた。。。。
           PICT0419_convert_20100620202500.jpg
 夫が頼んだランチセット 5種類のカレーから2種類選び サラダ ナン チャイにヨーグルトが付いてくる 私はカレー1種に汁物の麵を頂きました カレーもコクがあり でも辛すぎず 麵も野菜たっぷりでお汁もカレー&スパイスが一杯 美味しかったです しかし何と言ってもびっくりしたのは このナンの大きさ まさに爆発してますね

 さて 美術展の話に戻りましょう 庭園美術館の催しは ロシア アバンギャルドとして今注目を集めている アレクサンドル ロトチェンコとその妻のワルワーラ スパテノーワの作品約170点が一挙公開されていました 「え?それ誰?」と思う方も 下、右手のポスターに見覚えがある人は多いはず(?)
           8242_image_1_convert_20100620211653.jpg
       (この写真はwww.francfranc.com/.../feature/art/post_82より)
 彼らは ロシア革命前後に 非常に高等なグラフィックのテクニックを駆使し 社会主義を理想化し 実現化するために 芸術を大衆社会や実生活に融合させ 多くのポスターや絵画 果ては家具の設計 舞台美術や衣装まで手がけるなど その活躍は多岐に渡りました その独特の大胆な構成から 彼らの作品は 構成主義とも呼ばれています 
    
            2.jpg
  (この写真はwww.art-inn.jp/tenrankai/002468.htmlより)
   こちらは スパテノーワがデザインした舞台衣装 
 
       image4538_3_convert_20100620213454.jpg
 (この写真はwww.artgene.net/event3.php?EID=4538より)
 ロトチェンコは写真も沢山残しています 非常に強調した遠近法を使っていて 奥行きのある面白い作品
       rodochenko_convert_20100620213520.jpg
   (この写真はwww.gallery-naruyama.com/japanese/collection.htmlより)
 労働者の憩いの場を提供しようとして ロトチェンコが家具をデザインした 労働者クラブ パリの万博に出品されました

     PICT0422_convert_20100620202539.jpg
 この美術館は建物もアールデコ風で ステンドグラスなど美しい装飾があちこちに施され とても落ち着いた雰囲気の美術館でした お庭もこの通り 
          PICT0425_convert_20100620202616.jpg

 私がお土産に買った 美術館goodsのブックマークです 館内のラジエターをモチーフにしているとか 何と優美な模様でしょう
          PICT0426_convert_20100620215712.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。