--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-10

長崎ぶらぶら日記 其の⑥


P1010167_convert_20100208073117_convert_20100210135549.jpg

P1010166_convert_20100208073050_convert_20100210135519.jpg
 長崎滞在も3日目 今日は長崎原爆資料館へ。これらは 浦上天主堂にて被爆し 奇跡的に残った石像の一部です 美しい聖人の瞳に 言葉にならない、悲しい叫びが宿っているようです

 規模こそは広島原爆資料館には及ばないものの 日本のみならず 世界中の地下核実験などで知らぬ間に被爆し 今も後遺症に苦しんでいる人々のインタビューを映し出すなど しっかりと 核を人類共通の問題として捉えているという視点がとても印象的でした 折りしもこの日はクリスマス 日頃にも増して 平和というものを意識せざるを得ませんでした

      P1010172_convert_20100208074915.jpg
午前中一杯を資料館見学に費やし 気が付けばお昼の時間 今日は思案橋近く 浜町の「吉宗」に行ってみました 慶応2年(1866年)創業の長崎郷土料理&和食のお店 この門構えは 京都の老舗にも匹敵するような 堂堂とした風格です
      P1010170_convert_20100208073216.jpg
 「吉宗」は長崎名物、豚の角煮と 茶碗蒸しで有名 こちらが夫の豚の角煮定食 お味噌汁の向こう 大きなお鉢がお出汁のよく効いた ほんのりまろやかな茶碗蒸し
      P1010171_convert_20100208074821.jpg
 私は幕の内定食を頂きました ここにもしっかり茶碗蒸しが。。。写真では分かりませんが この茶碗蒸し 中にも海や山の幸が一杯入っていて 美味しかったこと この上なし

      P1010144_convert_20100208072629.jpg
 そして出島へ 現在長崎市では この出島を忠実に復元するプロジェクトが進行中 これはカピタンの部屋へ通ずる階段 
      P1010148_convert_20100208072842.jpg
 昔は恐らくこの様に 出島から物や人が出入りしていたのでしょうが 現在では この出島が文字通り海に囲まれ、出っ張った島だったとは全く想像が出来ない位 周りは埋め立てられ 高いビルが立ち並び 車や路面電車が忙しく行き交っています
  
      P1010155_convert_20100208072937.jpg
          歩きつかれて レトロな松翁軒のカフェにて またもや一休み
      P1010156_convert_20100208073007.jpg
 300年以上受け継がれてきた 老舗のカステラの味も 疲れた体にはまた格別 
          
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。