--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-02

横川&軽井沢 ウォーキング旅行記 その① 横川アプトの道

   PICT4045_convert_20091101203419.jpg
 群馬県から長野県方面に 2泊3日でウォーキング旅行に行ってきました 1日目は横川駅より アプトの道を ”めがね橋”目指して歩きました このコースでは 途中幾つものトンネルをくぐるため、文字通り ”トンネルを抜けると そこは。。。だった”の世界が 展開します
      PICT4036_convert_20091101223045.jpg
 出発点は”峠の釜飯”で有名な横川駅 駅前は釜飯を製造、販売する おぎのやさんの売店、食事処 はたまたドライブウェイと おぎのや一色 有名なこの釜飯 夫の方が私よりも一足お先に試食済みで ”大変美味しかった!”と 太鼓判を押していました 今回も お土産に買って帰りたい。。。と思っていましたが 結局買えず またもや私は(横川まで行って!)釜飯を食べ損ねました
      PICT4037_convert_20091101223110.jpg
 廃線になった鉄道路線に沿って歩きます 道はめがね橋まで 一本道なので 迷うことも全くなし 右側に見えてきたのは 製糸工場(だったかな)跡です この製糸工場 イギリスの産業革命時に建てられた近代建築をそっくり模写しているのでしょう 私が英国で最後に住んでいたDerbyshire州も元は製糸で栄えた地域 あちこちの町にこの製糸工場のようなMillと呼ばれる工場跡が残っていて 昔が偲ばれました それらの建物は大抵 現在は会社の事務所やoutlet店が入った ちょっとしたショッピング アーケードとして使われていましたっけね 懐かしいなあ 
      PICT4055_convert_20091101223621.jpg
 程なく碓氷湖に到着 このあたり紅葉にはちとまだ早かったけど 緑の木々の間から 色付き始めた葉が覗くのも また素敵       
      PICT4058_convert_20091101223356.jpg
  燃えるような赤が目に焼きつきます こんな色をスカーレット(真紅)と呼ぶのでしょうか?
      PICT4077_convert_20091101223144.jpg
 道中には5つ程のトンネルがありました トンネルの向こうにまたトンネルが見え。。。まるでこうやって少しずつ別世界へ移動していくようです  
      PICT4070_convert_20091101223754.jpg
 そして最後のトンネルを抜けると 目的地であった”めがね橋”の上に立っている自分に気がつきました!
      PICT4072_convert_20091101223825.jpg
      PICT4073_convert_20091101223854.jpg
 この”めがね橋”は 川底からの高さ31m 全長91mに及び 煉瓦建築としては 国内最大級とかで 使用されたレンガは何と200万個!設計はイギリス人技師のパウナルと日本人技師の古川晴一。日本に帰国してからあちこち訪ね歩いて改めて分かったのですが 日本の近代西洋建築や設備の何と多くがイギリス人技師の手によって設計、整備されたことか。当時のイギリスの 特に産業的建築分野における技術力は 世界の最先端を行っていたのですね
      PICT4086_convert_20091102145027.jpg
 なーんてことを考えながら カフェで一休み ここには生後数ヶ月の人懐っこい 可愛いワンちゃんがいました  
      PICT4099_convert_20091101224147.jpg
 帰路は途中から別の道を行き 坂本の宿を通りました ここは中山道の宿場町として かつて栄えた所 通りの両側には 昔ながらの家並みがずらっと並び 当時の面影を忍ばせてくれます
      PICT4108_convert_20091102065425.jpg
      PICT4103_convert_20091102065352.jpg
 こちらはかつて”脇本陣”だった宿 勿論本陣もありました 江戸時代にはこんなに数多くの宿が  軒を連ねていたようで その賑わいぶりを偲ぶものは 今ではもう殆ど何もありません ただ家々の軒先につら下がっている江戸時代の宿屋の大きな木の看板が 当時の繁栄を辛うじて今に伝えていて。。。あとはただ ゆっくりと時が流れていくだけの まるで永遠の眠りに落ちてしまったかのような 時が止まったかのような そんな不思議な町でした 
      PICT4095_convert_20091102145059.jpg
      PICT4118_convert_20091102065512.jpg
      PICT4121_convert_20091102065550.jpg
     こちらは碓氷関所跡 この裏手の空き家には 何と猿が住み着いていて。。。
      PICT4127_convert_20091102065628.jpg
     晴れた日には 日向ぼっこしながら毛繕い。。。。さすが 人間によく似てます

 本日は横川からめがね橋まで 片道4.8キロの道を往復しました 3時間ほどのハイキングでしたが 平坦で歩き安い道だったため あっという間に歩いた気がします さて 今夜は霧積温泉に宿泊です 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

わ~、今回も素敵な写真ですね。ウォーキングが気持ちよさそう。
トンネルの中にトンネルが見えるっていうのも珍しい景色ですね。
それほどまっすぐな道ってことよね。
めがね橋って趣があるのですね。レンガで出来ているからかなあ。重厚感があって素敵。
日本の江戸時代の家屋も美しいですね。白壁に黒っぽい窓や扉。こういう建物はいつまでも大切に保存して欲しいです。

Re:

June様>今日は 有難うございます 本当に今回のウォーキング旅行は爽快でした!
 トンネルって 見知らぬ世界への橋渡しの役目をしている気がして くぐり抜ける時は なぜかいつも微かにどきどきするのですよ
 レンガの建物も和の建築も それぞれ雰囲気があって 私も大好きです!旅行記はもう少し続きますので また見てくださいね! 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。