--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-21

ノース ヨークシャーへの旅 第1日 前半

 日本帰国も押し迫った中 これが恐らく最後のチャンスと 夫と私はこの週末 ヨークシャー北部へウォーキング旅行に行きました。
 
 ちょっと雨模様の朝でしたが いざ出発 ヨークシャーへ北上中 腹が減っては戦ができぬとやらで 朝ご飯を食べるために Peak District内のGrindleford駅にあるカフェにやってきました。
                          
     PICT0008_convert_20080722073835.jpg

  
  このカフェはかなりの年代物ですが おしゃれでもなんでもなく 寧ろその対極にある 所謂大衆食堂といってもいい雰囲気 注文した料理が出来上がると 予めお客に渡された番号がスピーカーの大音響と共にアナウンスされ お客はカウンターまでお皿を取りに行く仕組み。                           PICT0005_convert_20080722074036.jpg
     
 私達が注文したのは イングリッシュ ブレックファースト。普段 私達は朝ごはんに ヨーグルトにシリアルと果物、温野菜などを食べていて イングリッシュ ブレックファーストとは縁遠いのですが 旅行に行ったときだけは特別です。年に数回しか食べないことが イングリッシュ ブレックファーストを 私たちにとって何か特別なものにしているのでしょうね いや 確かに こんなにボリュームのある食事 毎日はちょっとできませんわ
             PICT0007_convert_20080722074152.jpg
 面白いなと思ったのは 普通イングリッシュ ブレックファーストに付き物のトマトのグリルが この食堂(あえて そう呼ばせて)ではトマトピューレかペーストのようになっていて これが中々 酸味が利いていて 美味しかったです 私達は こういう気取らない場所での食事も好きなので 満足。 でも お腹一杯。

 その後 高速をさらに北上し 既にノース ヨークシャーに。
目指すはMukerという所ですが その前に一休みするために止まった Bedaleにて。                        PICT0012_convert_20080722083537.jpg

教会の敷地内には とても小さい可愛らしいお家もありました 17世紀に建てられた家のようです         
PICT0013_convert_20080722194041.jpg

 さて 教会の中に入ると こちらにも可愛らしいお客様が。。。。
 仲良しの2人は 何を話しているのかな?                        PICT0015_convert_20080722083651.jpg
 
 シンプルですが とても美しい教会でした                          PICT0021_convert_20080722083915.jpg                      
  
      
PICT0019_convert_20080722083811.jpg
 これは床に刻まれた彫刻 長い歳月を経て 彫像も随分磨り減っています 
 
 悲しかったのは 教会の片隅に この地域からイラク アフガン戦争に出兵し お亡くなりになった方々の写真が飾られていて 昨年11月から既に65名の命が失われた模様です 殆どが20代の若者でした その反対側には 中世十字軍騎士の棺が据えられていて。。。何百年も前に十字軍はアラブ諸国に攻め入り その後 国家は同じことをただ繰り返しているように思えてなりません そしていつも犠牲になるのは一般の庶民 前途要望な若者たちですまさに’Nothing's changed' 考えさせられてしまいました。
 
 その後ようやく目指すMukerへ到着 今日のお宿は。。。。なんと ティールーム?!                            PICT0033_convert_20080722153151.jpg

 そう ここにはティールームが経営しているB&B(ベッド&ブレックファースト)があるのです ティールーム好きの私達 ここに泊まらねば 面目が廃るというもの
                   PICT0070_convert_20080722084519.jpg
                   PICT0071_convert_20080722084623.jpg

 中々素敵なお部屋で ティールームの経営する宿らしく お部屋に置かれたお茶のセットには 手作りのレモンケーキとフルーツケーキが添えられていました 大変美味しかったです!

 部屋の窓から。。。。
       PICT0072_convert_20080722085212.jpg
 
 村には小さなギャラリーも 屋根にはヨークシャーシンボルの羊さん
              PICT0032_convert_20080722084323.jpg
 
 この村には他にも元教会を改装したB&Bも有りました
              PICT0130_convert_20080722085329.jpg

 この後 早速ウォーキングに出かけたのですが そのお話は次回に続きます
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

初めてコメント残すよ~
イギリスは涼しそうで羨ましい!!
関西の暑さは溶けそうです。
帰ってきたらびっくりするのではないかな。
個性あふれるティールームやカフェ…いいね~
私も旅行中に行きたかったなあ。

No title

>姉へ コメント残してくれて 有難う 日本はもう ものすごい暑さみたいね 今年が特別?毎年 そんなに暑かったかなあ?(もう既に記憶がないのだが)
 日本の夏に耐えられるか 今から密かに恐れています スペインにいたときも 私より夫の方が暑さには強かったし でも 日本の暑さはまた種類が違うよね。。。。
 日本に帰っても またイギリスに行くこともあると思うので そのときはぜひティールームに行こう!私が案内するよー 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。