--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-13

ぶらり北海道旅行記 ⑤ 大雪山国立公園 旭岳

 さて 次の日の朝 大雪山国立公園へ、そして その中で最も高い旭岳へと向かいました
PICT0504_convert_20090712183234.jpg
 
 旭岳へは 旭川駅から出ているバスに揺られること 小1時間 出発してまもなく地平線の彼方に雪を被った山々が見え始めましたが その山々はいつまで経っても 常に地平線の彼方に見えている感じで 中々近ずくことが出来ません 北海道の広さを 改めて感じた時でした
     さて バスはいよいよ国立公園に到着 初めに天人峡を廻り
     PICT0399_convert_20090712184521.jpg
 
 その後 いよいよ目指す旭岳の麓へ。。。。
     PICT0407_convert_20090712184721.jpg
  私たちの宿泊先の目の前には 川が流れていました 水も大変澄んで冷たそうです
     PICT0414_convert_20090712184913.jpg
 宿に荷物を置いて 早速ロープウェイで旭岳中腹まで登ってみました 勿論旭岳頂上までの登山も可能ですが 今回私たちは もっと手軽な山の中腹を1時間ほど歩くコースを行きました
     PICT0418_convert_20090712185155.jpg
            ロープウェイからの景色も 次第に雪模様
      PICT0426_convert_20090712185311.jpg
 そして ロープウェイを降り立ってみると そこは一面の雪国。。。彼方に微かに見えるのがロープウェイの駅です       
      PICT0429_convert_20090712185810.jpg
 この辺りには 夫婦池等幾つかの池があるのですが それらの池の氷もやっと割れ始めたばかりでした 6月も末だと言うのに。。。。ちなみにこの時の気温は12度位 
       PICT0441_convert_20090712191710.jpg
       コンクリートの壁ではありません れっきとした雪です まだこんなに。。。。
       PICT0483_convert_20090712192331.jpg

         PICT0437_convert_20090712190722.jpg
         
         PICT0495_convert_20090712192716.jpg
 何万年も前に旭岳が噴火した際のマグマが今だ地下を走っており そこからの熱でこのような蒸気が上がるそうです   
         PICT0496_convert_20090712193359.jpg
                 こちらは素敵な山小屋
             PICT0509_convert_20090712193558.jpg
           大自然は雄大ですね 人間の大きさと比べてみてください
             PICT0517_convert_20090712194412.jpg
        ヤッホー! 皆さんに 少しは涼しさをお届けできたかなー
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。