--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-31

弘法山ウォーク

PICT0067_convert_20110330102749.jpg
 秦野市の弘法山を歩いてきました 少し雲がかかっていますが 富士山も見えて 大満足のウォーキング! 

more...

スポンサーサイト

2011-03-26

田浦の梅

PICT0026_convert_20110326085240.jpg
  先週のお話ですが 横須賀は田浦という所にある梅林を訪れてみました 地震が起きてから初めての電車に乗っての遠出です まだ余震も続く中 少しばかりドキドキしましたが 余りにも良いお天気だったため このまま地元でじっとしているのも勿体無いと お日様の光に誘われるかのように 出かけて見ました 
PICT0015_convert_20110326085530.jpg
 梅林はJR横須賀線の田浦駅から 歩いて15分程 小高い丘を覆うように 2700本の梅の木が植えられ また水仙の花も至る所に。。。残念なことに 私たちが訪れたときは 既に花の見ごろは過ぎてしまっていましたが それでも写真の様に まだまだ 淡いピンクの可愛い花が枝に揺れていました
PICT0018_convert_20110326231104.jpg
 
PICT0023_convert_20110326085436.jpg
 そして何といっても 遥か横須賀港沖まで見渡せる 展望の良さ!海からの風も本当に気持ちよく こんな風景を眺めていると 東北で起きた事が信じられません。。。しかし こんなに素敵な場所なのに 残念なことに 私達が到着したときは 少し時間が遅いせいもあってか 殆ど人影は無く。。。春の日差しに 梅の花だけが優しげに揺れていました
 今の時期 東日本一体が自粛ムードの様ですが この様な時こそ 敢えて美味しいもの食べたり 楽しい事をやって 元気を取り戻すことも大切なのではないかな?って思います 少なくとも首都圏にいる私達は 今まで通り日常生活を送ることが出来るのだから その事に感謝すると同時に まず自分が元気にならないと とてつもなく大きな困難にぶつかっている北関東、東北の方々に思いを馳せ 支援することなど到底無理ではないかしら? そのためには時にはこうやって 自分が好きなことを思い切りやったり 心の通う人達と笑いあって 明日への活力を取り戻す事も大切なのではないでしょうか。。。? 私は そう思います
PICT0027_convert_20110326231033.jpg
     

2011-03-21

近頃思うこと

 先日新聞を読んでいたら 節電の勧めとして 色々なアドバイスが載っていましたが それを見て初めて 日本の一般のご家庭って こんなに電化製品があるのか~と思い付いた次第 抜けてる私
 まず 恐らく日本では 普及率ほぼ100%の電気ポットや炊飯器 実は我が家には両方とも無い 海外にいた時 ご飯はお鍋で炊いていたので その延長で今も鍋愛用 どっちみち 2人分なので 大量に炊くこともまず無いし 一回でほぼ食べ切ってしまう量しか炊かないので保温する必要も無く。。。電気ポットもしかり 夫は紅茶 時たまコーヒーかココアを飲む  日本茶を飲むのは私だけ しかも私だって 毎回日本茶って訳でもなく 紅茶、コーヒーも  同じくらい好き となると ポットにお湯を保温するよりは その都度お湯を沸かしたほうが  美味しい紅茶やコーヒーが入れられる。。。ということで電気ポットも購入を考えたことが   ありません  第一我が家のキッチンは棚が少ないため 炊飯器や電気ポットを置くスペースも無いし。。。
 それからトイレのウオシュレット、便座保温機能も無い でも便座カバーを掛けておけば  そこそこ寒さはしのげる気もします 現在節電の影響で JR電車の空調も全て切られていますが 冬の暖房シーズン 時々目的地に着く前に 私のお尻が焦げて 人間ローストができるのではないか?!と心配してしまう位 座席のヒーターが目一杯入っている時があるので 個人的には あの暖房が無くなって ほっとしています(勿論 異論のある方も多いでしょうが。。。)
 乾燥機も無いし あ でも除湿機はあります うちの家はちょっと日当たりが悪いので 冬など部屋によっては湿っぽく かび臭くなりがちなため 除湿しつつ洗濯物も乾かしたりします 夫は 湿気には敏感(典型的な英国人気質?) 
 エアコンは夫婦揃って苦手なため 暖房にも冷房にも使わず。。。暖房器具としては 炬燵と小さな電気ヒーター(加湿もできる)があるのみです この電気ヒーターは 以前お隣に住んでいたフランス人女性が引っ越す際譲ってくださったのですが 小さいのに中々パワフルで 働き者 重宝してます
 でも 一番驚かれるのは やはりテレビと携帯を持っていないことでしょうか?色々な人に話しましたが 時には絶句されたことも。。。しかしながら 普段も特にテレビを見たいとは思わないけど(第一 見ている時間が無い)今の時期 特にテレビが無くて返って良かったかな?という気もします 勿論東北地方を中心に何が起こったか 被災された方々のご苦労を知るのは大切なことですが 余りにも長い間 テレビの映像に噛り付いているのも どうかとも思います 首都圏に居る私たちが 必要以上にパニックに陥る必要も無いわけだし ただ受身にテレビから流されてくることを鵜呑みにするのではなく こういう時だからこそ 自分にとって大事な情報を主体的に選択することが大切かなという気もします テレビが無くても 新聞 ラジオ 色々なメディアのサイトなど 情報源は一杯 特に外国メディアのサイトなどは 日本とはまた違った切り口で語られていることも多く(BBCなど 日本のメディアより情報が早いときも!)比較しながら見るのも また 面白い
 夫は 周りの日本人の多くが 懐中電灯や携帯ラジオを日頃から準備していなかったのに 大変驚いており「日本、特に関東地方はこんなに地震が多くて 大地震もいつか来る 来ると言われているのに 不思議だね~」と洩らしていました 夫は何を隠そう 懐中電灯マニア(?)といっても 防災用の大きな電灯ではなく ペンライトのような カッコいい懐中電灯です これは元々ハイカーのための物で 真夏でも日射量の少ないイギリスならでは 白熱灯のような 随分と明るい光を発するのですが 夫はこの手の懐中電灯(ペンライト?)を常時3,4本は持っています 携帯ラジオは 阪神大震災の時 停電の中 唯一の情報源として 大変役に立ったこと 私も鮮明に覚えています
 映画のDVDは もっぱら昨年買った 小型のDVDプレーヤーで鑑賞 こんな生活をしている我が家でも 地震の後の停電で お湯が出なくなり(お湯はガスで沸かしますが 点火のボタン操作は電気で動いているため)電話もパソコンも使えなくなったので 電気の有り難味を改めて知りました 先週の地震後の停電中(私の家の付近は夜中まで停電したのです)灯した蝋燭の明かりは大層ほの暗くて心細く 昔の人は この明かりのみで生活していたなんて 本当に大変だったろうな~と考えてしまいました 
 と 何だかまとまりの無い話で 勿論 そうじゃないでしょ!と思う方もいらっしゃると思いますが まあ個人的なつぶやきとして 聞き流してくださいね
 あ そういえば 我が家は 冷蔵庫もシングル用の小さいサイズのしか 無かったのだっけ?!
  
      PICT9838_convert_20110321203501.jpg

 

2011-03-20

近頃 町で見かけた。。。 

    PICT0028_convert_20110320094742.jpg
      

2011-03-18

地震 その後。。。

 東北地方中心に かつて無いほどの被害をもたらした地震が起きて 早一週間が経とうとしています ここ横浜にいれば 地震の傷跡も もうそれ程見えず 一時はお店の棚からすっかり姿を消したパンや牛乳も 徐々に元通りに供給され始めた様で あの揺れも 次第に過去の思い出話になっていきそうな雰囲気。。。
 でも 被災された方々にとっては まだまだ一週間しか経っていない 今だ多くの余震が起こる中 不安で辛い毎日を過ごされていることでしょう どんな小さなことでもいいから 私たちに出来ることをさせて頂きたいです 被災された方々に 心からお見舞い申し上げます
 さて こんな時になぜ?って感じなのですが 昨日夫が日本永住権を申請するため 横浜の入国管理局へ向かいましたので私も同行しました 入管に到着して驚き!玄関口から何メートルも 長打の列が続いているでは有りませんか?!何の列なのか良く分からなかったけど 取り合えず尻尾に付いた夫と私。係りの方が直ぐに一人一人に どういった種類のビザを申請しに来たのか質問しに来られたので 「永住権と出来れば再入国許可証も。。。」と応えると 永住権だけならばこのまま2階の申請カウンターに直行できるが 再入国許可証の申請は この長打の列のまま 延々待たなくてはいけないとか。。。列はどうやら建物の入り口から階段を伝って2階まで 気が遠くなるほどの長さになっています(しかも3,4列横隊)私達 特に今すぐ出国する予定も無いので 慌てて再入国許可証は取りやめ 永住権のみの申請にしました
 日本のシステムは不思議なのですが 例えビザを持っている人でも 一旦出国した後日本へ帰ってくる意思があれば 出国事前に再入国許可証なるものを 習得しなければいけません もし習得せず出国した場合は 日本へ再入国する時 再びビザを申請しなおさなければいけないのです (でもこれじゃあ ビザってどういう意味合いを持つの?日本のビザは 恐らく私がスペインで持っていた 滞在許可証に近い物なのかも )そして この日のおびただしい人の数は 原発を怖れて 一時避難的に出国しようとした人々が殺到したからなのであります! 
 2階申請コーナーに上がると もっとすごいことに。。。カウンターには窓口がざっと6つほどあり 向かって右半分が再入国許可証申請に使用されているのですが そのカウンターの前には 黒山の人だかり ずらずらと部屋の後ろまで 人、人、人。。。。
 英国大使館などは 東京以北に住む自国民に避難を呼びかけ 民間機の座席が予約できない人のため 香港までの飛行機をチャーターする計画まであるとか 素晴らしい!と思いきや しっかり一人当たり 600ポンドも請求するらしいが。。。さすがはイギリス政府 こんな時でもがっちり商売するんだー!?フランス政府は自国民のため 空母まで派遣したとか しないとか?!夫の同僚も一時帰国や 第3国へ避難する人が続出!元々3月最後の週はイースターのお休みだったので この際!という訳でしょうか 何と!3月中職場はお休みになってしまいました!しかしまだ やり残していることがある夫は 毎日の様に午前中を中心に 出勤していますが。。 それでも昨日はひょいと隣の部屋を覗くと 同僚10人ほどが 色々な食べ物を持ち寄って ランチパーティを開いていたそうで、こういうところがまだまだ 日本人とは違ってリラックスしてますよね!?   
     PICT0424_convert_20110320093950.jpg

    

2011-03-08

瀬戸内国際芸術祭⑧の1 小豆島 

  PICT0791_convert_20110223072626.jpg
 昨年から長きに渡って続いていた 瀬戸内国際芸術祭のお話 やっとこさ 最終章の小豆島に漕ぎ着けました。。
 旅日記は大抵未完で終わらせてしまう私(それは その旅行記が終わらない内に 次の旅行に行ってしまうからなのですが)には珍しく この芸術祭のお話は引っ張る!引っ張る! お陰で昨年末の伊勢、明日香のお話に全く手を付けられない状態ですが。。。季節もかなりずれているけど 皆様 あともう少しお付き合い下さいね 有難うございます!
 さて これは台湾アーティストの作品 竹を組んだ 東南アジアの王宮か迷宮のような建物

more...

2011-03-02

夫の新メニュー

      PICT0006_convert_20110302142616.jpg
 今年もやって来ました オーブン料理の季節が!夫の手料理の季節が!夫は1年中 週末は料理を担当しますが 得意なレシピはやはりオーブン料理、ということで ここ数週間の間で作ったものからご紹介 これは新メニューで 名づけて”ラタトィユのオーブン焼き”! 作り方はいたって簡単 ラタトィユを作って それを耐熱皿に移し とろけるチーズを上に数枚載せて オーブンで焼くだけ しかし トマトや沢山の野菜の甘味と チーズが溶け合って とっても美味しかった!!
    
      PICT0013_convert_20110302143407.jpg
           そしてこちらは ホワイトシチューのパイ包み 
      PICT0016_convert_20110302144045.jpg
        切り分けると 中はこんな感じで ホワイトシチューが入ってました

      PICT0082_convert_20110302143707.jpg
 そして最後は 英国の伝統デザート ブレッド&バタープティング 今回近所のパン屋さんのレーズンブレッドを使いましたが このパンが大正解!今まで夫が作った中で 一番のブレッド&バタープティングでした!!
 何だかどのお料理も似たような見た目ですが 英国料理なんて所詮はそんなもの(見た目は茶色一色)でも それぞれのお味はしっかり 食材の個性が出ています
 美味しいものを食べる時って 本当に幸せ~!! 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。