--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-26

瀬戸内国際芸術祭⑥の2 直島

       PICT0566_convert_20101219192013.jpg
数多くの現代アートが収集され 見応えのあるベネッセハウスミュージアムを訪れた後は  海岸へ。。。  

more...

スポンサーサイト

2011-01-18

図書館司書コース ~スクーリングが終了しました!  

 12月に受けた 図書館司書資格コースの最後のスクーリングの結果が 昨日届きました 恐る恐る開くと。。おおおっ!!何と合格しているではないか!しかも しかも”優”を頂いている_!!!全く信じられないのですが 同時に こんなに嬉しいことも滅多にありません!!わぁーい!!!
 私の受講しているコースは通信教育ですが 3教科に限っては スクーリングといって 3日間の対面講義を 実際に受けなければいけません 大学が関西拠点のため 関東方面には余り影響力がないのか?関東のスクーリングは 東京で開催されるのみ しかしながら実際は 首都圏全域から いえ遠くは遥か中国地方や名古屋 信州の方などもお見えになるため 50名の定員席を争って 毎回過激な戦いが繰り広げられているか(?)と思われます  (受講資格は 先着順で決まるため)
 同じ講義は年に数回開催開催されるのですが もしスケジュールが合わず どうしても東京で受講できなければ 遥か彼方 名古屋か福井へ遠征受講も考えなくてはいけなかったところ しかしそれは経費や時間の面からみても できれば避けたかったので 無事に一回でスクーリングが終了でき 嬉しい限りです。
 これでもう3日間 あの東京の狭い教室(本当に50人キチキチ オイルサーディンの缶詰より凄い状態)に座らなくて 済む~ ほっ! 優をくれた先生 お世話になりました 講義はとっても面白かったデス けど 東京へ行くためには いつもかなりの覚悟を要するんです 私 ”今日は東京行くぞ よっこらしょ!”って 具合 これが実家にいて 大阪や神戸に行くのには何の抵抗も無く むしろルンルン気分で出かけられるのは 単なる慣れの問題なのでしょうか?? 
 最後の対面講義は”レファレンス” 主にレフェレンス ツールについて でした レフェレンスというのは 利用者からのありとあらゆる問い合わせに対応することなのですが 図書館員にとってより大切なのは 質問の答えを知っていることではなく(勿論 知識として持ち合わせていたほうが ずっと良いですが 世の中のあらゆる事に即回答できるなんて 不可能です) いかに解答に辿り着くか その方法(レファレンス ツール)を知っていること そして質問の解答と共に 情報として 調査方法を利用者にも提供してあげられる事なのです これは私が以前働いたイギリスの図書館の職員の方も 仰っていました
 講義の最後に終了試験があり 成績はこの試験で決まります 試験終了20秒前に 自分の解答の間違いを1問発見 しかし 書き直す間も無く あえなく試験終了 答案用紙は間違った答えのまんま 見事目の前からサヨウナラ~という憂き目を見た私 それでも合格できたので とっても幸せです 解答用紙最後に 3日間の講義の感想を書く欄があったので そこに一番力を入れたのが効いたのか?
 ま 何はともあれ めでたく終了した次第 あとは残りの教科のレポートと試験に集中だー

        PICT9225a_convert_20110118092444.jpg
 何の脈絡も無いけど コルドバのメスキータ 非常に美しい内装で 初めて足を踏み入れたときは 息を呑みました
        PICT9218a_convert_20110119080645.jpg
 コルドバは 野に咲く白い小さな花のような とっても可愛らしい町です もう一度行ってみたいなあ~  
   
     
 

2011-01-13

モザイク 私の初作品

       PICT0005_convert_20110112223415.jpg
 芸術祭の話題の途中に 何と大胆な、と思われるかもしれませんが 少し前に 私のモザイク初作品が完成しました!今回は 初めての作品作りということもあって 既成の図柄を使用しましたが 色の組み合わせは全く私のオリジナルです というか 自分の好きな色を組み合わせていった結果 こんな風になりました。。。よく見ると(いや見なくとも)多少タイルが歪んでいたり 曲がっている所もありますが そこは初作品のご愛嬌 と言うことで。。。
 キッチンの壁が白いので そこに掛けておくと ちょっとしたアクセントになる。。。かな?
でも 初めてのモザイク作りは 本当に楽しかった~ モザイクって 私の性にあっているかも。。。そりゃ 芸術的にきちんと作ろうと思うなら 技術的な約束事をもっと守らないといけないのでしょうが 好きな色のタイルを 好きな形に砕いて はめ込んでいく。。。一つ一つのタイル片の大きさ 形は全く違うのに そんな何十枚の小さな破片が集まって 一つの物を作り上げている このバランス感覚の妙と自由気ままさは 私にぴったりです 絶対に こうしなくてはいけない、という制約が無いのが良いですね!
 今は次なる作品に取り掛かっています 今度は図案から私のオリジナル。。。以前見た 葛飾北斎の浮世絵 富嶽百景の1枚からインスピレーションを得ました というと聞こえはいいが さて どうなることやら 乞うご期待(?!)
   
 

more...

2011-01-08

瀬戸内国際芸術祭⑥の1 直島

PICT0542_convert_20101219191900.jpg
 その昔 崇徳上皇が讃岐国に流される際 この島に立ち寄り 島民の素直さに感動したことが 名前の由来とされる 直島 今ではベネッセハウスミュージアム 安藤忠雄設計による地中海美術館 家プロジェクトなどにより 現代アートの拠点として 知られる様になりました その直島訪問日は 抜ける様な快晴! 

more...

2011-01-04

今年もよろしくお願いします!

      PICT0062_convert_20110104140342.jpg
 明けまして おめでとうございます 皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?関東地方以外はかなり荒れ模様となった この年末年始 近畿地方も例外では有りませんでした 私達が訪れた伊勢や奈良でも 白い雪がちらちら 時にはかなり吹雪く有様でしたが そんな天候にもめげず お伊勢参りで心身ともに清められ 新しい年を迎える準備はばっちり(?) 幾つになっても煩悩だらけの私ですが さすがに神宮境内に足を踏み入れたときは 背筋がピンと伸びました 旅の話はこれからぼちぼちする事にして まずは 今年もどうぞよろしくお願いします 2011年も皆様にとって楽しいことが一杯ある 素敵な年になりますように~!!
      PICT0063_convert_20110104140406.jpg
  
      PICT0056_convert_20110104140235.jpg
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。