--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-27

チキンスープとお粥

PICT0749_convert_20100627190406.jpg
本題とは何の脈絡もない写真ですが 迷える子羊のような気分の私~ということで(え?可愛らしすぎるって?!やっぱり?!)

 今日は この所の急激な熱さのせいで 鉄壁のような(?)私の胃腸も さすがにノックダウンされたらしく 体調を崩して しばらく臥せっていました 季節柄 皆様もどうぞ ご自愛下さいね
 さて 皆さんは お腹を壊した時って 何を召し上がりますか?日本人なら まず思い浮かべるのは お粥ですよね 白米で炊いたお粥に 梅干なんて 考えただけでも 唾がごっくん(あれ?もう 復活の兆しが。。。)
 ところが お国変われば何とやらで 私の夫(イギリス人)にとって 体調の悪い時やお腹を壊した時に食べる物は 何と”チキンスープ”なのです。。。
 初めてこの事実を聞いたのは 結婚してまもなく まだスペインに住んでいた時 その頃住んでいた家から徒歩数分位の所に市場があって いつも沢山の新鮮な野菜(八百屋さんが自家製の野菜も売っていました)や果物 魚も 私の住んでいた町は元々漁師町だっただけに 今だ漁業も盛んで 恐らく数時間前まではスイスイ海を泳いでいたのではないかと思われる いきの魚貝類が一杯売られていました 今まで見たことも無い様な 色々な種類のハムやチーズの量り売りのお店もあったりして 毎回買い物がとっても楽しかったのですが ある日夫は その中に何軒かあった肉屋さんの一軒が 鶏のネック(首)を持っていることを 偶然発見 とたんに小躍りし始めた夫「わー!! これでチキンスープが作れる~ イギリスじゃ もう 鶏ネックを手に入れることは 不可能に近いからねー」と。日本でも 今じゃお目にかかれるのかどうか分かりませんが スペインの肉屋が持っていたのは 本当に鶏の首丸ごと さすがに頭は落としてありましたが 後は首の皮を剥いだだけという状態でした 
 そして その後 本当に夫が風邪を引き食欲も落ちたある日 突然チキンスープを作ると言い出したのです でも その時 私の頭の中には ???が飛び交うばかりでした ただでさえお腹が悪いって言っているのに チキンスープなんて脂っこい物食べたら 胃にもたれて 益々体に良くないのに~ これが私の いや恐らく大半の日本人が考える論理でしょう    
 しかし 夫には馬の耳に念仏(本当に念仏は分からんだろうな)これがイギリス流滋養料理とか 何だか言いつつ さっさとスープを作ってしまいました
 作り方も至って簡単 ただネックを長~い間煮込んで出汁を取り そこに好みの野菜を何でも(本当に何でも)加え 最後にお米かマカロニをちょっと入れて ハイ!出来上がり   
 その日の夕飯に出されたチキンスープ 私にはとても病人が食べる代物とは思えなかったです だって健康な私が食べても十分お腹一杯になったのに。。。でも 夫は「あ~ とっても久しぶりの 本格的チキンスープだ」と美味しそうに平らげてしまいました 恐ろしや やはり欧米人の頑丈さは 日本人の想像を絶するものがあります
 その後 英国に戻ってからも鶏ネックを調達する事はできなかったものの ローストチキンの鶏がらを利用して夫は何度かチキンスープを作っておりました(近所の肉屋さんによると 英国では鶏の首などは全く売り物にならないし 需要も無いため 大抵捨ててしまうそうです)
 そして日本 先週から胃腸を悪くし 絶食を続けていた私 それでも少しずつ回復に向かってきたと見え 何か食べたいなあと ぼんやり考えていたところ ふと思いついたのが なぜか これまた”チキンスープ”!?どうして? なぜお粥に梅干とか おにぎりに塩鮭とか 思いつかなかったのかしら?7年間の結婚生活で 私もすっかりイギリス食文化に洗脳されている?? 
 か どうかは分かりませんが 夫はまたもや喜んで スープを作ってくれました ただ さすがにネックは手に入らなかったので 骨付きチキンで作った様ですが(近所の肉屋さんは 時々鶏がらを持っているのですが この日はたまたま無かったみたい)
 そして本当だか知らないけど「チキンスープの次に 胃腸に優しい食べ物は ライスプティングなんだよ~」と なぜかライスプティングまで。。。ここまで来ると 単に自分の食べたい物を作っている気がしないでもないが。。。
 でも どちらも柔らかいので 確かに食べ易く ゆっくりと美味しく頂きました 有難うございます
 夫曰く「チキンスープは ユダヤ人に取ってとても大切な食べ物で イギリス人のお茶に相当するんだ」即ち イギリス人が例えば悲しい知らせを聞いた時や 気が動転している時に 気持ちを落ち着かせるため またちょっと落ち込んでいる時 気を紛らわせるために紅茶を飲むように ユダヤ人はチキンスープを飲むとか。。。。
 これは初耳です 周りにユダヤ人の知り合いがいないので 真偽の程は確かめようがなく眉唾ものですが。 
 ところで日本人が 気が動転している時やちょっと落ち込んでいる時に 特に飲んだり食べたりする物って 何かありますか?私にはこれといって ピンと来るものが無いのですが。。。誰か思いついた人 教えてください! 
 PICT0740_convert_20100627190508.jpg
あの~別に彼らを捕って食おうとは しかもよりによってチキンスープにしようなどとは さすがに夫も思ってはいませんので 動物愛護活動家の皆様 どうぞご安心を。。。(でも うちの夫は英国人だけど 鯨は好きです あ 食べるのがね!)   
スポンサーサイト

2010-06-20

東京美術館廻り

        PICT0416_convert_20100620202418.jpg
 少し前のお話ですが 久しぶりに東京に行ってきました 横浜から 電車で僅か40分程で行けてしまう東京ですが 私たちは滅多に出かけることが有りません でもこの日は 夫がどうしても見たい美術展が開催されていたため 意を決して(?)レッツゴー!
  

more...

2010-06-18

モザイク その2

        PICT9395_convert_20100618214144.jpg
 ここの所忙しくて 中々ブログ更新まで手が回っていませんが モザイクの話題をもう一つ スペインはグラナダのアルハンブラ宮殿に残されている 美しいモザイクの数々
        PICT9443_convert_20100618214229.jpg
 この繊細さ 精巧さ 人間の2本の手と僅かばかりの工具で成し遂げた大事業 目を見張るものばかりで いつかまた もっと写真を紹介したいです 

2010-06-10

モザイク

         PICT8847_convert_20100609215327.jpg
英国在住中 旅先のウェールズで訪れた現代美術のギャラリー こんなカラフルなモザイクアートを見つけた!
         

more...

2010-06-05

たまには こんなご褒美を自分に。。。

      PICT0408_convert_20100604065440_convert_20100604070154.jpg
 私 実はこの4月から 図書館司書の資格習得を目指し 大学の通信教育を受けております イギリスで 1年ほどですが図書館で働いた経験と 日本帰国後 蔵書目録作成の仕事にも ほんの僅かな期間ですが関わった経験からでた結論は もし今後も図書館関係の仕事に就きたいならば 総体的に図書館のシステムを理解する必要が大いにあるなあ、ということでした 図書館の組織も 蔵書 目録の意義や仕組みも知らないまま ただ言われた様に何となく働いているだけでは 今携わっているこの仕事が 図書館という組織全体の中で 一体どういう意味を持つのか?分からない 闇雲に大きな機械の歯車の様に働いても面白くないなあ。。。と 思ったからです さらに 恐らく世界中何処へ行っても図書館の仕組みなど 左程変わりはないでしょうから(細かいところは兎も角 基本的な概念は同じだと思います)一度 司書資格のための勉強をすれば 将来 再び他国へ移住することとなった時も 日本の資格がそのまま通じないまでも(英国など 絶対認めてくれない気がしますが。。。)また図書館学の勉強する際にも 大いにプラスになると思い 受講を決意。。
 な~んて 格好のいいことを書きましたが 実際 結構単純に決めてしまいました 前から資格取りたかったのよね あのまま英国に居れば 英国で同じようなコースを取るつもりだったので 日本ででもやってみようかな~ えーい やっちゃえ!どうにかなるよね!?ってな 具合 物事を決めるときの私って いっつもこんな調子です
 しかし 人生 そう甘くはないのは 世の常 司書の資格を取るには最低12教科を履修し それぞれの教科についてレポート提出 そして試験を受けなければならない。。。
 そして先日 初試験を受けてきました!今回は2教科 午前と午後 1教科ずつだったので まだスケジュール的には余裕があるハズだった。。。あれ?余裕どころか 試験の1週間前はほぼ試験対策の勉強以外 何も出来ない状態に!試験は ちなみに 予め1教科に付き 20問の問題が想定され 事前にそれらの問題は配布されています この20問の中から当日1問が選ばれ それに対して回答するという仕組みなので 20問に対し しっかり答えを準備すれば何とかなるハズ ハズ。。。いやー 人生はいつも計画通りには上手く行かないとは よく言ったもんだ まず 20問の設問は テキストの内容を上手く総て網羅している よって20問の設問の回答を準備すると言うことは イコール テキストの内容を最初から最後までしっかり 理解しなくてはいけない、ということだった。。。
 それにね 幾ら要点だけを把握するといっても 20問x2教科=40問あれば どこかが手薄になったりするものです
 私の場合は それが1教科目でした 分類別に教育事業を挙げていくのですが 最後の1つが思い出せず、、、これだったかしら?いやこれは関係なかったかな?書かないほうがいいかしら?と 散々迷った挙句付け加えた最後の項目はやはり 全く関係のないものでした。。。よくあるパターンですね 評価はレポートと試験の総合なので 付け加えた最後の項目が余り響かないことを祈るばかりです
 やっと2教科終わったよ~(といっても 試験に落ちれば追試なのですが)1/6が終了 まだまだ先は長いですが 明日につなげるために ちょっと自分にご褒美をあげました
      PICT0406_convert_20100604065358.jpg
 インターコンチネンタルホテルの喫茶で 小さなデザートブッフェをやっていたので 疲れた脳には甘いものが一番とばかり 早速覗いてみました この日は偶然にもイギリス菓子フェア しかしまあトライフルも ブレッド&バタープディングも 大変お上品で洗練されていること。。。。
      PICT0404_convert_20100604065225.jpg
             これが 可愛らしすぎる トライフル  
      PICT0405_convert_20100604065249.jpg
 サンドイッチやキッチュもあり これらはとっても美味しかったです 特にキッシュは私達しかブッフェのお客が居なかったにも関わらず 温かいものを即出してくださり 感謝!勿論 有難く全部頂きましたよん
 席も窓際を用意して頂き 港の景色を堪能しました オーバーヒート気味の頭も これでリフレッシュ 明日からまた少しずつ 進んでいきます。 
          
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。