--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-28

ぶらり北海道旅行記 ① 出発

 ご無沙汰しています 皆様 お元気でしょうか?しばらくブログをお休みしていましたが 実はまた旅に出ていました しかも帰宅後 少し体調を崩してしまい 今ようやく復活してきたところです
 さて 今回の旅は 北海道 事の始まりはおよそ一ヶ月前 夫が突然 ”この夏休みに 北海道に行きたいー”と 叫びだしたことから。。。私にとっては 全く予期していなかった目的地 関西出身の私には どうもこれまで 東北や北海道は旅行先として無意識のうちに外されてきた気がします 昨年暮れに東北へ旅行しましたが これが何と私の人生ウン十年の中で 初めての東北体験だったし。。。しかも 独身の頃は 円高も手伝って 北海道へ行くより 海外旅行で アジア諸国などに行く方がずっと割安だった。。。。しかし その一方で 北海道は他の日本には無い 独特の魅力を持つ土地 その魅力に惹かれた数多くのリピーターを生む地だということも薄々知っていたため ではその魅力の秘密を探るため 行ってみようじゃないか!と思った次第 ちなみに夫の北海道旅行の動機は アイヌの文化を知りたいから。。だそう(夫は 世界の少数民族 例えばオーストラリアのアボリジニーや 北アメリカのインディアンなどの文化や 伝統美術にとても関心を持っているのです)   
            前置きはこの位にして いざ出発
      PICT0206_convert_20090628191643.jpg
   

more...

スポンサーサイト

2009-06-17

ねえ 何してるの?

       PICT8717_convert_20090617192040.jpg
 昼寝の邪魔しないでよーと言いたげな顔の猫 イギリスの猫は大事にされて 可愛がられているせいか 大抵とっても人懐っこい 野良猫だって決して見捨てられない Cats Protection ほか多くの動物保護団体が野良猫を保護し 里親探しもしてくれる 夫曰く「イギリスでは 人間より動物の方が大事にされているんだ。。。」 それは本当かどうか 定かではありませんが。。。。
 全く話に脈絡はありませんが しばらくブログはお休みにして 風の吹くまま 気の向くまま 旅に出てみようかなぁ。。。   

PICT8588_convert_20090617195130.jpg
 どこへ?この海の彼方へ。。。 ディラン トマスが決して離れることのなかった かの美しきウェールズの海の果てまで。。。。

2009-06-15

南国の香り

 先日 近所の八百屋さんで 少し変わったものを見つけました これ何かお分かりですか?
          PICT9892_convert_20090615082857.jpg

 実はこれドラゴンフルーツの若芽なのです 私が珍しがって 手にとってしげしげ眺めていると 八百屋のお兄さん ”良かったら 好きなだけ持っていっていいよ!”と威勢よくかつ 気前良く言ってくれました ”ただ”という言葉に弱い私 早速一掴み頂いたのですが さて どうやって調理したものか 沖縄ではこの若芽を天ぷらにして食べのだとか それならば。。。と 手始めにその日作る予定であった ジャガイモとズッキーニの炒め物に適当な大きさに切って エイヤっと投入 さすが若芽だけあって あっという間に火が通り 味のほうはというと くせは全くないのですが 熱帯の食べ物特有の オクラやモロヘイヤに共通するあの独特のねっとり感があり 中々どうして美味
 ちなみに夫はこの若芽を見たとき アンティチョークかと思ったようで それならアンティチョークと同じような使い方もできるのでは と気が付きました 例えば 細かく刻んでパスタに絡めたり ソースの中に混ぜてもいいよね 
 私の近所には何軒か八百屋さんがあるのですが そのうちの1軒はちょっとユニークで このような新しい、珍しい素材を積極的に紹介し また野菜 果物の旬をとても大切にしています なので 私も通常よく使う野菜は他のお店で買い 少し違ったものや美味しーい果物が食べたい時は この店を利用しています 買い物には中々恵まれた環境と思っています   

2009-06-11

本郷町の華香亭

 横浜には百万もの中華料理店があって 日々しのぎを削っていますが 今まで行ったお店でどこが一番好き?と聞かれたら 私は迷わずここを選びます 中区は本郷町にある「華香亭」 本牧通りより 一筋入った処にあるので 少し見つけ難いかもしれませんが 地元の人にとても愛されているお店のようです
       PICT2718_convert_20090611111714.jpg
                  内装はこんな風にとってもレトロ

more...

2009-06-11

群馬県、川場村 第2日目

 さて 旅行記再開 既に観光してから1ヶ月近くが経とうとしています 早く書き上げないと!

      PICT9531_convert_20090609220420.jpg

more...

2009-06-08

ショート ショート

 週末 みなとみらいにある短編映画専門の映画館に行ってみました 
この映画館は Brillia Short Shorts Theatreといって 文字通り世界の短編映画ばかりを上映している映画館 1回の上映時間は1時間弱で5本ほどの作品が連続上映されます
 私は2プログラム 合計10本ほどの作品を見ました 作品の製作国も日本を初め ヨーロッパ各国 アメリカ オーストアリア 果てはイスラエルと大変バラエティに富んでいましたが 題材もまた然り コメディから悲劇 ロマンティックなものと色々で 各国のお国柄も時には非常に色濃く出た 面白いものばかりでした
 (写真は総てhttp://www.brillia-sst.jp/theater_program/より)
   
           BAWKE_convert_20090607192749.jpg
 「BAWKE」(パパ)という題名のノルウェー映画 より良い生活を求め 苦難の末密入国した外国人親子 しかし地下鉄で出くわした検札から息子を守るため 父親はわざとその場から逃げ出そうとし 警察に連行され 強制送還されることに。同じ移民収容施設に迷子になった息子も辿り着き 空港へ護送される父親を見つけ 必死に車の窓を叩きますが 父親は「他人だ 知らない子だ」と通しますがそれは この国に住む方が祖国に住むよりも 息子にとっては100倍も明るい将来が待ち受けている。。。と確信しているからです 車を追いかけた息子が雪道に ふと見つけた父の帽子 拾ってみると中には息子が大事に持っていたサッカー選手 ジダンの写真が一枚隠されていました 息子はジダン選手の写真を数枚 肌身離さず持ち歩いていたのですが この国に密入国したとき 父からその写真を捨てるよう厳しく言われ 泣く泣く捨てたのでしたが お父さんは最後の一枚を息子のために取っていて それを永遠の別れ際に 息子に託したのでした 父の気持ちを知って ぽつんと雪景色の中に立ち竦む息子の姿がとても印象的 切迫した状況の中 子供のために自分の身を犠牲にまでして尽くす父親の愛情が素晴らしく 泣かせる作品でした  
          
          megatron_convert_20090607233508.jpg
 こちらもルーマニアのある母と子の1日を描いた「Megatron」 朝まだ日が明けきらないうちから出かける若い母と息子 自転車で駅まで そこから汽車に乗り 降りた先でヒッチハイクをし 町の中心地まで送ってもらうとさらにバスに乗り換え 長い旅路の果て やっと辿り着いた所は 何とマクドナルドのチェーンショップ!実はこの日は息子の誕生日で 彼はマクド(私は関西出身なので マクドナルドをこう呼びます)の特別セットに付いてくる玩具ロボットのメガトロンを誕生日プレゼントとして欲しかったため 遠路はるばるやってきたのですが。。。来る道すがら 母親が何度も鳴る携帯電話に出ようとしないのを見た子供は 母親の鞄からこっそりお財布を取り出し隠してしまいます お陰で母はお金が払えず ハンバーガーセットもお預け。そのまま帰ろうとする母に 息子はパパに電話してお金を持ってきてもらおうと提案します ためらう母に息子は 僕の誕生日を3人で祝って欲しいのだと訴えます 仕方なく別れた夫に連絡をつけ ハンバーガー店内でぼんやりと夫が来るのを待っている母のショットで映画は終わり
 この短編は 見事2008年のカンヌ映画祭の短編映画部門でパルムドール賞を受賞したのでした 

          Merci!_convert_20090607192845.jpg
 代わってこちらはベルギーの「Merci!」全編台詞なしの8分間 薄暗い満員の地下鉄は 誰もが暗く 疲れきった顔をしていました ところが途中から乗ってきた1人の男が 理由もなく突然笑い出し その笑いは止まるどころか 次々周りの人に伝染して 仕舞いには車両中が大笑いの渦に巻き込まれたところで 男は下車 反対側の電車に再び乗り込み また人々を笑いに誘う。。。笑うということがいかに人の心理に影響を与え 気持ちを明るくハッピーにしてくれるかということを 改めて教えてくれたように思います こんな人 日本の朝の通勤列車にも乗ってきて欲しいですね

          taxi_convert_20090607192816.jpg
 最後は スペインの「Taxi?」 いかにもスペインらしい題材で タクシーに乗り込むや否や 運転手から矢継ぎ早に出される質問 「○○へお願いします」 「会話付き?会話無し?」「どんな話題がお好み?政治?経済?スポーツ?」「。。。政治を。。。」「国際政治?それとも国内?」。。。そして運転手と上手く会話できなかったり 機嫌を損ねると 目的地に連れて行ってもらえないー!
 おしゃべり好きなスペイン人ならではの発想かもしれないけど 最近益々コミュニケーション力が乏しくなっているように見える日本人も こんな会話力見習って欲しいです 個人的にはこんなタクシーに巡り合って見たいけどね

 短編映画はその時間制約から 時には長編映画より余程製作が難しい様に思えます(短い間に 話の起承転結から登場人物の性格まで盛り込まなければいけないし ひねった落ちが必要な場合も多い)そのため ストーリーのアイデアや映像に凝ったものが多くて 楽しいです 山椒は小粒でもぴりりと辛いとは まさに真実ですね  
               

2009-06-04

群馬県、川場村&武尊温泉 萱の家 朝食編

 あれやこれやと日々の雑事に追われるうちに すっかり6月ですね しばらくブログの更新が出来なかったのですが また再開です
 前回の続きで 群馬県の旅 お宿レポート 今回は朝食の模様を。。。。
      PICT9503_convert_20090604074955.jpg
           手前に見えるのは 天然岩のりに えのきやシメジの白味噌和え

more...

2009-06-01

ちょっと一休み

 群馬旅行記の最中ですが ちょっと休息 というのも 現在受講している通信教育の課題提出期限が今週末に迫っていて 眉間に皺が寄りまくり です とほほ。。。。
                   
       PICT0909_convert_20090601231231.jpg
                     迷える子羊に愛の手を。。。
        詳しくは又の機会でお話しますね では皆様 直ぐお会いしましょう 
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。