--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-02

Haris君

 私には14歳になる息子がいます!彼の名はHaris インドネシア在住の男の子 そう 彼は私のフォスター チャイルドで 初めて書面で出会ったときから 早5年余りが経とうとしています
 きっかけはスペインに住んでいた時 まだスペン語もままならなかった当時 現地の言葉が出来ない私には 仕事はおろか ボランティア活動すらも難しく 日々できることはとても限られていました それでもこんな自分にも出来ることが何かあるのでは?と 探した挙句 見つけたのがフォスターペアレントを募集していた ”Plan”という国際組織 早速連絡を取って 里親になりたい!と申し出 紹介されたのが Haris君でした その頃はまだ小学生で小さかったけど 初めて送ってくれた彼の写真では 彼の精一杯の気持ちの表れか 日本語のプリントされたTシャツを着てくれ 真っ直ぐ前を見て にっこり笑っていた 日焼けした肌と大きな黒い瞳が印象的で とても素朴で明るい感じの子だった 
 その後 私がイギリス、そして日本と転居する度 彼は手紙で”どうして引っ越したの?”と訪ねてきました 生まれたときから ずっと家族と今の村にいて 恐らく村人の殆ども変わることなく 代々そこに住んでいる そんな環境に育った彼にとって 私のような人間は一体何をしているのだろう?と疑問に思えて仕方が無かったのかも知れませんね
 彼の両親は農業を営んで お米などを作っていますが その暮らしは決して楽ではなく おまけに インドネシアは 最近度々大きな災害にも見舞われ ニュースで”インドネシアで。。。”と聞くと 私もドキドキしてしまい ”どうか あの子の住んでいる島は無事でありますように!”と祈る気持ちで もう 遠い海の向こうの出来事ではなくなっています それでも今現在まで Haris君とその家族は全員健康で 元気に毎日をすごしているそう 特に水洗トイレが設置された後 衛生状態も随分向上したそうです
 彼も今や中学生 毎日遠い学校まで歩いて登校しているとか 発展途上国の多くは学校が少ないせいか 村々からとても遠く 子供は皆長時間歩いて通わなくてはならないし 子供と言えども立派な働き手として早くから親を手伝うよう期待されているので 学校に通い続け 卒業することが大変難しいそうです そのため学校側は少しでも多くの子供が定着するよう 国際機関などの協力を得て給食制度などを整え 学校に来れば子供はお昼ご飯が食べられる(従って親は1食分の負担が減る)ことを 親にもアピールしたり あれやこれやと涙ぐましい努力を続けていると言うお話は 昨年開催された Plan のペアレントの集いで教えて頂きました
 一度Haris君にクレヨンとスケッチブックを送ってから 時々自分で描いた絵を送ってくれるようになりました 彼は山岳部に住んでいるのですが送ってくれた絵には まだ見ぬ海への憧れなのでしょうか海も登場しています 
 最初もらった彼の自己紹介の手紙には 将来警察官になりたいと書いていたっけ きっと正義感の強い子なんだろうなあ 里親としての支援は彼が18歳になるまで続くので あともう少しのお付き合いだけど その後も元気でいつまでも 明るいHaris君でいて欲しい そして健康で幸せな人生を送って欲しい 輝かしい未来を君は持っているのだから。。。日本の母からの願いです 
                    PICT9686_convert_20090402082859.jpg

                     PICT9688_convert_20090402083636.jpg

スポンサーサイト

2008-07-10

草の根国際交流

 これはあるイギリス人の女の子が 私に送ってくれた絵と手紙です



  PICT9764_convert_20080711182516.jpg


 先月のとある週末 いつものようにウォーキングに行った夫と私 歩いた後の疲れを癒そうと これまたいつものようにティールームを探していたところ 見つけた1枚のポスター。それは オープン ファームのお知らせでした。

 オープン ファームとは 農場を一般人に公開し見学させてくれるイベントで 羊の毛刈りのデモンストレーションをしたり その農場で飼育されている動物を見せてくれたり。大抵は訪問客を見込んで臨時の飲食屋台や そのファームの特産物の販売なども 併設されています。
 なので きっと 手作りのフレッシュなお菓子があるに違いない!と 食い意地の張った夫婦は勝手に判断 ポスターを頼りに 農場を目指しました。

           PICT0759_convert_20080711183430.jpg

                        羊さんのお出迎え

 やはり思ったとおり 着いた農場にはカフェが。。。これで来た甲斐もあったと 早速お茶を注文しようとしたところ。。。。”あら あなた日本人?”と 突然カウンターの向こうから女性に尋ねられました。
 聞けば 彼女のお嬢さんが 今学校で日本語を習っていて GCSE(General Certificate of Secondary Education  義務教育最終の2年間 この資格のために 科目ごとに沢山のレポートを書く course workと 最終試験の総合成績によって 合格すると英国義務教育を終了したという資格がもらえます。生徒は必須の英語 数学 ITの他 数科目を選択するのが一般的です)でも日本語を選択し 勉強中とのこと 

             boketooriduru22_convert_20080711031935.jpg


     (この写真はhttp://www.nunokirie.com/osakuhin.htmより 引用しました)

 ちょうどお嬢さんもその場に来られたので お母さんは”何か 日本語で話してみなさいよ いい練習になるわよ”と 励ますのですが お嬢さん とっさのことでちょっと戸惑い気味。。。それでも ”今日は 初めまして 私の名前は。。。。”と ゆっくりと でも はっきりとした きれいな発音で 自己紹介してくださいました。日本に興味を持ったきっかけは 宮崎駿のアニメだったそうです。
 私 全く予期せぬ出会いに大感激 だって やっぱり嬉しいじゃないですか!自分の国に興味を持ってくれる人がいるってことは。 

  
 その後 食欲も心も満たした私たちが 農場の見学をしている際 またまたそのお嬢さんとばったり これも何かの縁と とっさに私達は もう直ぐ日本へ帰国するので 私の持っている日本語の本など よければ送ってあげましょうと 申し出ました。
 その後 折り紙の本と折り紙 日本的な挿絵の入ったノートやスタンプなどを送ったところ お礼にと前述の絵とカード そしてお手紙をくれたという理由です   
                     
              080419-2_convert_20080711031901.jpg

       (この写真はhttp://blog.kogayabungu.jp/?cid=9461より 引用しました)    

 お手紙には ノートは日本語の授業に使い スタンプも使ってみますとの事 折り紙の本を読むことができてとても嬉しかったと ありました。また この水彩画とポストカードの挿絵は 地元の画家によって描かれた彼女の地元付近の風景なのですが 私が日本に帰っても イギリスの景色は忘れられないと 書いたため 記念に送ってくれたようです。もし いつか私達がまたイギリスに戻ってきたら ぜひ自分の家に遊びに来てほしい ともありました。
                      
 ひょんなことからの出会いでしたが 私の差し上げたものが 少しでも彼女の勉強の役に立ってくれると嬉しいし これからもずっと日本に興味を持ち続けてほしいなあと 強く思った次第です。 
                     
                   
プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。