--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-25

Happy Christmas!

IMG_4937_convert_20131225232208.jpg

IMG_4940_convert_20131225232244.jpg
スポンサーサイト

2011-07-21

人生初のテレビ出演?!

 台風接近で荒れ模様の関東地方ですが 皆さんお変わりありませんか?本来なら旅行記を続ける所ですが 最近私に起こった ちょっと妙なお話を。。。。
 と言っても 別に大したことではなく 人生初のエキストラを体験しただけなのですが。。。 そのきっかけは?? ”スカウト” でした。
 その日は勉強疲れで息抜きが必要と主張した私(もう直ぐ また試験があるのです)に付き合ってくれた夫と二人 台風の影響でいまいちな天気のため 桜木町のコレット マーレの紀伊国屋に行こうとまさに建物の入り口に差し掛かった瞬間 若い男性に声を掛けられました 聞けばフジテレビの関係者の方だそうで”これからマーレの最上階にあるスポーツジム内でテレビ撮影をするので そのエキストラをお願いできませんか?”との事 
 ”ここでテレビドラマの撮影でもやっているのかなあ?”と ぼんやり考えた私 夫も私も滅多に無い経験かも、と二つ返事でOK 
 で、最上階のジムに来る道すがら 詳しい話を聞いてみると。。。撮影は夕方のニュースショー番組のためで 何でも最近韓国の高層ビルで 地震も観測されていないのに ビル内にいた大勢の人々が揺れを感じ 地震が起きた!と主張したことがあったそうな で 調査の結果 そのビルには やはり最上階にスポーツジムがあり 沢山の人が一斉にアロビクスなどのフィットネスをしたからではないか?という報告が上がったらしい そこでこのニュース番組では 本当に大勢の人が一度に運動をして ビルが揺れることがあるのか?を実験するのだそう。。
 
 まあ 恐らく そんな事まずあり得ないだろう。。。揺れを感じたとしたら そのビルの構造に問題があるのでは?手抜き工事とか?何だか いちいち番組で取り上げて ニュースにする程の話題なのか 大いに疑問だけどここで 私達の出番!そう 私達約20名のエキストラは インストラクターの先生と共にちょっとしたフィットネスをして ”ビルを揺らす役”なのだ!!

 撮影現場に着いて 待つこと20分余り 体操教室が終わって空いた部屋に スタッフの皆さんが機材を持ち込み撮影準備並びに撮影も あっという間に開始  
     IMG_1955_convert_20110721085125.jpg
床に置かれている小さい白い機材が 揺れの測定機 部屋の隅々や廊下に設置され 準備完了

     IMG_1960_convert_20110721084817.jpg
 真ん中に専門家らしき方 その方を囲んで撮影開始 この後 私達エキストラが約15~20分程 エアロビクスを体験しました 音楽も時にはかなりのアップテンポになり(だって 揺れを起こさないといけないからね!)いい運動になったなぁ その後 スカウトされた私達は 僅かばかりの記念品と謝礼を頂き お仕事終了 あ 勿論 マーレは大変丈夫な安全構造ビルという事が証明されたそうです
 しかし テレビのお仕事って本当に大変なのですね こんな僅かな撮影(番組は撮影の1時間後に放送されたので 私は見ていないのですが)に 8名ものスタッフ そして20名近いエキストラ エキストラを集めていたお兄さんなぞ エアロビをした私達よりも う~んと走り回っていたし。。。

 イギリスのオックスフォードに住んでいたお友達は オックスフォード中心部がよく映画等の撮影に使われるのでご主人がエキストラのアルバイトをしていた、と言っていたなあ 夫も昔 ドラマのエキストラに出演したことがあるそうで こんな仕事も楽しいかも。。。。な~んて 
 しかし 私達が 今回の20名ほどのエキストラの中で 真っ先にエキストラに勧誘された夫婦だったのですが それってやはり ”ビルも揺らしそう”な体格を見込まれて? かな やっぱり。。。。   

      IMG_2005_convert_20110721100150.jpg
           お土産に頂いたペンです
  

2009-10-16

オクトーバーフェスト in スギヤマ

 PICT3869_convert_20091015132522.jpg
  先週の連休中は あちこちで沢山のイベントが開かれたことと思いますが 本郷町の「スギヤマ」でも オクトーバー フェストが盛大に行われました!メニューは写真上段右から スモークチキン、ローストポーク、そしてローラデン、下段右からロースト ビーフ、ドイツの白いソーセージとマッシュド ポテト。
 白いソーセージは ドイツのサッカー場などでよく売られているそうで このソーセージの入った紙コップなどを片手にスタンドで ご贔屓チームに声援を送るドイツ人の姿は とても一般的だとか ローストビーフはお店の方のお勧めに従って わさび醤油で頂きました ローストポークも こんなにいいのかしらと思う位 厚切りのスライスで 堪能
     PICT3864_convert_20091016141000.jpg
 しかしながら 一番気に入ったのは この写真右の「ローラデン」 少し見え難いかもしれませんが ベーコンと玉ねぎのスライスを牛肉で巻き ブラウンソースで煮込んであります このソースがコクがあって とても美味しく 隣のマッシュドポテトにかけて食べると 気分は北ヨーロッパ!    
      PICT3865_convert_20091015132608_convert_20091016140917.jpg
 こちらはサラダバー 手前は生ハムのサラダ 向こう側にはスパゲッティサラダが スパゲッティサラダは勿論スギヤマお手製のベーコン入り サラダの間にはヨーグルト&ブルーベリーソースも
       PICT3871_convert_20091015132638.jpg
 ビールも飲み放題 奥ではバーベキューも始まり 皆さんほろ酔い加減でいい気分 お店の方々はとても親切かつ気さくで ”沢山食べて 元取ってくださいね!”と呼びかけて下さり お腹がはち切れそうに一杯になった私たちが帰ろうとした時も ”充分召し上がりましたか?”と 優しく声をかけて下さいました お客さんも三々五々 あちこちから集まってわいわい それぞれ思い思いのペースでドイツの味を堪能した2時間でした(これで1500円は 安い!)余談ですが ドイツ人の方も何人か来られていたのですよ!昔 ドイツに住んだことのあるらしき日本人のお母さんが店員さんに ”ドイツに戻った気分だわー 感激!”と仰っていましたが こんな下町の 小さな気取らないオクトーバー フェストも また時には良いのではないでしょうか?「スギヤマ」の皆さん 本当に有難うございました お疲れ様です!また来年も楽しみにしていますね!!
       PICT3863_convert_20091015132049.jpg
      

more...

2009-04-26

地球のこちら側での再会!

 この週末 急遽関西へ帰省していました というのも 英国で仲良くしていたRさんが 大阪の実家に里帰りされているので お会いして来たのです!
 Rさんは元々私の姉の友達で 私と同様に英国に留学中現在のご主人と出会い 結婚 そのまま英国にもう10年以上も住まわれています 私が初めて留学し 知り合いも全くいなく心細い思いをしていた時 親切にお会いして下さり お陰で私は 留学中の勉強の悩みや海外に住んでいて誰もが感ずるであろう漠然とした不安など Rさんとお話することが出来 彼女の優しい言葉や温かい励ましに何度となく助けられました そしてそれから私も英国で結婚し 彼女とはお互いの配偶者も含め、お互いの家に遊びに行ったり来たりの交流をずっと続けさせて頂いていました
 Rさんご夫婦には 私が渡英した時と前後して 男の子が産まれたのですが この坊や 他の同い年の子供より少しだけコミュニケーション能力の発達がゆっくりしているため ご夫婦は坊やが生まれてから今現在も 彼の話す能力を伸ばすため ありとあらゆる努力をされています Rさんも専門医やスピーチ セラピストにかけあうことは勿論 自分でも坊やの状況をもっと知らなければと 医学の専門書や文献を紐解き 日々勉強もなさっています また坊やには食物アレルギー反応も見られ 小麦粉や乳製品などは一切食べられないため 彼に合ったレシピの研究 開発にも余念がありません
 現在坊やは小学生 イギリスでは日本と違って 発達のゆっくりした子供や障害がある子供も できるだけ健常者の子供と同じクラスで学ばせるのが通常で Rさんの坊やのようなお子さんには 1人ずつ ヘルパーも付きます 日本と比べるとかなり恵まれた状況にも見えますが やはり最後は人間同士 意見や性格の相違から来るぶつかり合いもあり また州によっては専門医が極端に少ないため(例えば彼女の住む州には 坊やのためのその道の専門医が1人しかいないとか。。。)例えその医者の考えに疑問を持ったとしても その専門医と付き合っていかざるを得ない そしてその専門医が自分達の意に反する治療法や方針を坊やに採ろうとするなら  断固戦っていかなくてはいけない。。。Rさんのお話を聞いているとまさに 日々戦いのように思えます
 私が彼女の立場なら とてもここまで来る事は出来ず きっと日本に帰国して自分の親にすぐ頼ってしまったことでしょう Rさんは言葉も習慣も違う異国で 普通に子供を育てることすら大変だと言うのに まさに毎日孤軍奮闘(勿論ご主人や義理のお母様とも協力されていますが 自分の子供は自分で守らなければ。。。という意味ではです)彼女の話を聞く度に 私は己の怠惰さを深く反省させられるのです こんな大変な 恐らく母としては息子の将来を考えて 眠れない夜も多々あったであろうと思われるのに Rさんはいつもにこにこと微笑を絶やすことない方です 今回も急な帰国だったにも関わらず 私にお土産まで下さいました!
PICT8654_convert_20090426102344.jpg
 三角ピラミッド形でお馴染みの紅茶”PG”と沢山のイチゴやラズベリーなどのベリー類をチョコで包んだお菓子 とても美味でした

  一体彼女の強靭さはどこから来るのか やはりそれは”母性”という一言に尽きるのでしょうか。。。私が訪問中も 坊やが遊んでいて誤ってベットから床に転げ落ちてしまったのですが 泣き止まない坊やを優しく抱いて 彼を落ち着かせるため何曲も日本の童謡を歌いながら頭を摩ってあげているRさんの姿は まさに慈愛に満ちていたように思えました
 Rさん 素敵な再会のひと時 有難うございました また いつか地球のどこかでお会いしましょう!(私達があちこちふらふらしているせいですねー)
 
 さて 短い関西滞在だったけど 久しぶりに梅田のビックマック付近などもうろうろ 懐かしかったなあ 私は長年慣れ親しんでいるせいか やはり関西が好きだなということを再認識しました あー でも真夏に再び訪れたなら その暑さの余り また違ったことを言い出すかもしれませんが。。。。 
  
 
  

2009-03-30

神田の古本市

      週末 東京は神田の神保町で開催されていた 古本市に行って見ました    
     PICT6969_convert_20090330074015.jpg

more...

プロフィール

Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国

Author:Kazue イギリス人の夫と6年余りの英国、スペイン生活を経て 2008年夏 日本へ帰国
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。